【独自比較】海外FXおすすめランキング完全版

海外FX取引ガイドへようこそ!

当サイトがオープンして3年の間にスプレッドや約定力など、様々な比較・検証を海外FXに特化して行ってきました。その独自比較をもとに本当にオススメできる海外FX業者を厳選して紹介。

海外FXおすすめランキング 1位~6位

AXIORY 最高の取引環境

最高の取引環境

2013年に設立されたブローカー。この業者の強みは約定力です。海外FXにありがちな注文の遅延が少なく、スリッページが発生しづらい為、特にスキャルピングに威力を発揮します。さらにスプレッドは海外FXでありながら国内FXに匹敵する低スプレッドを実現(ナノスプレッド口座)。純粋な取引環境ではナンバー1ではないでしょうか。プラットフォームはMT4のみならずcTraderに対応!スキャルピングトレーダーならこの業者を選んでおけば間違いありません。

各種データ
レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
4001.3(USD/JPY)なし20,000円非対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4,
cTrader
日本語なし分別管理★★★★★ベリーズ
AXIORYのメリット・デメリット

AXIORYならナノスプレッド口座(ECN口座)がオススメです!スプレッドだけでなく取引手数料が安いため、スキャルピングのコストパフォーマンスは海外FX屈指です。元々約定力が優れているため注文は早いのですが、cTraderを使えばより早くできるメリットもあります。デメリットはボーナスといったキャンペーンが乏しい事。

キャンペーン情報

なし

関連リンク集

XM 人気の海外ブローカー

知名度抜群の海外ブローカー

初心者向けブローカー。海外FXの中では一番知名度がある業者ではないでしょうか。日本語サポートが非常に整備されているのが特徴です。ブログやYoutube、ウェビナーなどでテクニカルガイドを頻繁に行っている。レバレッジは888倍とかなり高めに設定されています。3000円ボーナスという未入金ボーナスがあり、リアルトレードを入金前に試せる数少ないブローカー。入金ボーナスも豊富で少額の資金からレバを生かして大きな取引をする事も可能です。

各種データ
レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
8881.4(USD/JPY)あり500円なしなし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4/5日本語なし分別管理★★★★★キプロス
XMのメリット・デメリット

最大のメリットはボーナスが豊富なことです。口座開設するだけで3,000円のボーナスが貰え、利益が出金可能ということもあり、このボーナス狙いのトレーダーが非常に多い。他にも入金ボーナスや独自のポイントサービスもあるため、少額から海外FXをスタートできます。デメリットはボーナスが豊富な分、スプレッドが少し大きめな点です。この業者で取引するならボーナスを活用したスイングやデイトレが適しています。

キャンペーン情報

口座開設3,000円ボーナス、総額5,000ドルの入金ボーナス、2020年ゴールデンウィークプロモーション(5月15日まで)、ロイヤルティプログラム

関連リンク集

TitanFX スプレッド最小

狭小スプレッド

2014年設立のFX会社。比較的新しいところですが、トレーダーからの評判も良くこの順位につけました。1位に挙げたAXIORYとスペック的に似ているブローカーです。AXIORY同様に取引環境に優れており、スプレッドはAXIORYより小さいです。(ブレード口座ドル円0.33pips)スキャルピング特化の仕様に加えて最大500倍のレバレッジですので、かなり強力な取引ができます。2020年にMT4だけでなくMT5に対応したのも嬉しいところ。

各種データ
レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
5001.33(USD/JPY)なし20,000円非対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4/5日本語なし分別管理★★★★ニュージーランド
TitanFXのメリット・デメリット

最大のメリットはその低スプレッドにあります。ブレード口座ならドル円で0.33pips、ユーロドルで0.2pips、ポンドドルで0.57pipsと国内業者に匹敵します。また、TitanFXにはレバレッジ制限がなく、口座残高によらず最大レバレッジは常に500倍となっています。デメリットはAXIORY同様にボーナスがない事。取引環境を重視する人向けの業者ですね。

キャンペーン情報

なし

関連リンク集

FBS レバレッジ3,000倍

最大レバレッジ3,000倍

主にアジアを中心に世界中で1,500万人のトレーダー数を誇るロシアのFX会社。国際的な賞も数多く受賞しています。最大3,000倍のハイレバレッジが最も有名です。口座タイプが豊富でスタンダード口座から少額取引対応のセント口座、スプレッドを0に固定したゼロスプレッド口座など選択肢が多数あり、自分のスタイルにあった取引が可能。すべての口座において取引制限がなく幅広い取引ができる。

各種データ
レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
30001.4(USD/JPY)あり500円対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4/5、コピートレードアプリ日本語なし信託保全★★★★ベリーズ
FBSを選ぶメリット・デメリット

このFX会社の特徴はサービスが多彩な点です。ボーナスの種類がXMに匹敵する程多くあり、ロイヤリティプログラムという海外業者の中では珍しいプレゼント企画を実施している。自社保有のVPSサーバーがあり、条件を満たせば無料レンタルできたり、独自のコピートレードアプリでコピトレができたり、取引制限が一切ないなど柔軟で幅広いトレードができる業者です。デメリットは元々日本語対応していなかった為、サポートの日本語が不十分であったり、ECN口座で日本円建てが開設できない事(ドル建て、ユーロ建ては可)

キャンペーン情報

ロイヤリティプログラム、入金ボーナス、口座開設ボーナス

関連リンク集

Traders trust 100%NDD

100%NDDが売り

口座タイプはクラシック、プロ、VIP口座の3種類。どれを選択しても100%NDD方式に対応しており、業界一透明性のある取引を目指している業者です。レバレッジは最大500倍でプロ口座(ECN)のスプレッド、手数料が優秀なため、プロ口座が最もおすすめ!VPSサーバーのレンタルも可能でEAを使った売買に制限は一切ありません。2020年5月にサーバー増強で約定力が飛躍的に向上しており、今後が楽しみな業者です。

各種データ
レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
5001.6(USD/JPY)あり5,000円対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4日本語なし分別管理★★★★キプロス
Traders Trustを選ぶメリット・デメリット

100%NDDの為、低スプレッドでトレードできます。2020年5月に東京サーバーが増設されインフラが充実しました!結果的にアジア圏(日本含む)における約定力が飛躍的に向上しており、レイテンシー200ms→30msに大幅に改善されました。海外FX業者の中では珍しく法人口座を開設できるのも大きなメリット。デメリットはあまり知名度がなく、クチコミなどの情報が少ない点でしょうか。

キャンペーン情報

100%入金ボーナス(2020年末まで)、キャッシュバック制度

関連リンク集

iForex 20年以上の実績

国内での実績はピカイチ

海外FXのパイオニア的な存在なのがiFOREX。FX会社としての実績は20年以上、国内実績は10年程になりXMと並んでメジャーなFX会社です。多くの会社がメタトレーダーを採用している中、ここは独自プラットフォームを採用しています。その為、外国為替取引(FX)に限定されない、株や商品などの豊富な銘柄を売買できます2019年から口座をエリート口座一本に絞り、安定した低スプレッドでトレードができるようになりました。

各種データ
レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
4000.8(USD/JPY)あり10,000円対応あり
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
webトレーダー日本語なし分別管理★★★★★ギリシャ
iFOREXを選ぶメリット・デメリット

国内における長い実績があるため、出金拒否などの悪評がなく安心感から選ばれるブローかーです。サポートの日本語対応は万全で、電話等は日本人スタッフが対応してくれます。他社にはないメリットとしてCFDの銘柄数が挙げられます。株式だけで600種類以上の銘柄が売買可。デメリットは取引ツールがメタトレーダーではないため、トレーダーによっては最初は取っつきにくいかもしれません。

キャンペーン情報

100%ウェルカムボーナス、キャッシュバックボーナス

関連リンク集

海外FXのFAQ

海外FXって何?

海外に本社がある業者が提供している外国為替取引(FX)です。

海外業者は信頼できるの?

日本であればFXサービスを提供するためには金融庁の承認が必要であり、金融監督機関の登録・認可を得てライセンスが交付されます。海外業者は自国内のライセンスを保持しており、厳格な基準をクリアした業者も数多くあります。実績のある業者を選べば信頼性における問題はありません。

英語が分からないけど大丈夫?

グローバルに展開している業者ならほとんどが日本語サポートに対応しています。

国内ではなく、なぜ海外業者なの?

国内業者はレバレッジ25倍規制があります。国内ライセンスに遵守したものですが、より取引の幅を広げるためにレバレッジ規制のない海外業者を選ぶトレーダーは多くいます。また、国内業者の多くはOTC取引(相対取引)、いわゆる「ノミ行為」を行っておりトレーダーの注文が市場に出ることがありません。業者とトレーダーの二者間による取引になっています。一方の海外業者の多くはインターバンク市場直結のNDD方式を採用しており、トレーダーの注文はそのまま市場へと流れます。お金の透明性という点では海外業者の方が分があるといえます。

海外業者を選ぶメリットは?

ハイレバレッジ、追証なし、ボーナス、コンテスト、小額からの取引に対応などありますが、一番はやはりレバレッジ規制がないことによるハイレバレッジ取引でしょう。

デメリットもあるんでしょ?

スプレッドが広い、入出金手続きが面倒だ、などあります。当サイトでは各業者の入出金手続きも紹介しているので参考になさってください。

当サイトでは海外業者について徹底解説しています。各ブローカーの特徴から各種データ(約定速度、スプレッド)などの比較、EAやインジケーターの紹介、MT4/5のTipsまで海外FXに関する情報を網羅してご紹介しています。

The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」
タイトルとURLをコピーしました