AXIORYの出金方法|知っておきたいルール【2020年版】

AXIORYの出金ルール

出金方法クレカSticPayCurfex海外銀行送金BitPay
処理24H以内即時数時間内24H以内24H以内
着金3~20営業日即時1-24時間以内3-10営業日1~5営業日
手数料なしなしなしありなし

AXIORYの出金方法は上表5パターンです。

クレジットカードやBitPayは入金履歴がある場合に優先的に出金され、出金限度額は過去の入金額と同額までとなっております。これはAML法に則ったものです。

したがって、純粋な利益分の出金はSTICPAYもしくは銀行送金による送金となってきます。

出金手続きから着金までは、

① 出金手続き

② AXIORY側での事務処理

③ 各サービス内での処理

④ 着金

という流れです。

出金手数料は2万円以上の送金で無料となっていますが、2万円未満だと上記②に該当する箇所で一律1,000円発生しますので、ある程度まとまった金額を出金した方がいいです。

AXIORYの出金手続きにおけるルールについて詳しくみていきましょう!

最高のトレード環境!AXIORYの詳細は! /

ルール1–クレジットカードとBitPayは出金優先される–

AXIORY出金優先順位

AXIORYに限らずどこのFX会社でも同じ事ですが、クレカとビットコインの入金履歴がある場合はそこに強制的に出金処理されます。アンチマネーロンダリング(AML法)の基準遵守によってこのような措置が設けられています。

この仕組みがなければクレカの現金化が簡単にできてしまうことになってしまいますね。

いずれの方法でも入金している場合はクレジットカードが一番目、BitPayが二番目の扱いとなるようです。

因みにクレカで遡れる履歴は18ヶ月までのため、それ以前の入金に対しては出金優先には該当しません。

また、入金時はビットコインだけでなくイーサリアム、ビットコインキャッシュと様々な仮想通貨で入金できましたが、出金時はビットコインで出金処理されます。

覚えておいてほしいのがクレジットカードに出金した場合は処理に時間が掛かるという事です!

出金処理したのに全然着金しない!!

と焦らずに最大20営業日前後は見ておいたほうが良いでしょう。

ルール2–利益分の出金は銀行送金かSTICPAY–

最終的な利益分の出金は国内銀行送金、海外銀行送金、STICPAYのいずれかになります。

国内銀行送金を利用するにはCurfexに登録する必要がありますが、海外送金と比較して手数料が安く着金が早いというメリットがあります。

STICPAYはAXIORYで使える唯一のオンラインウォレットですが、STICPAY → トレーダー銀行間において決して安くはない手数料が発生します…個人的にあまりオススメはできません^^;

尚、STICPAYに出金するためにはSTICPAY経由の入金を最低でも1回行い履歴を作っておかなければなりません。

管理人のオススメ順は①国内銀行送金、②STICPAY、③海外銀行送金です。

Curfexに登録した方が絶対お得!

curfex登録手順

AXIORYトレーダーなら国内銀行送金(Curfex)に登録するべし!

理由は出金手数料を比較すると簡単に分かると思います。

国内銀行送金(Curfex) → 無料

海外銀行送金 → 2,000円~4,000円

SticPay → 最も安くて800円+1.5%

これはどう考えても国内銀行送金の一択ですw

国内銀行送金を利用するにはCurfexというAXIORYが提携している送金代理会社への登録が必要です。口座開設後に、マイページの入出金ページから「by Curfex」を選択して手続きを行います。

スキャルピング特化!AXIORYの詳細は! /

The following two tabs change content below.
海外FX歴8年!海外FX取引ガイドでは、海外FXに焦点を当てて業者レビューやスペックの比較から海外製インジケーターやEAの紹介など、海外FXのアレコレについての記事を公開しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました