cTraderのcBotを使って自動売買を行う方法

MT4/5でシステムトレードを行うにはEAを使いますが、cTraderではcBotを使って自動売買を行います!

 MT4/5cTrader
自動売買ソフトEAcBot
プログラミングMQL4/5C#
開発者環境Meta EditorcAlgo

比較表を見れば違いが分かると思います。

cBotの作成にはcAlgoというプラットフォームが使われています。

AXIORYで開発環境「AXIORY cAlgo Editor」を無料ダウンロードすることができます。

AXIORY cAlgo Editor

cBotはcTraderに最初から入っているものもありますが、世界中のトレーダーによって作成・公開されているものも多数あります。

数自体はEAのように多くはありませんが、年々数が増えてきましたね。

このページではcBotの使い方についてバックテストから実践投入に至るまでの流れについてまとめています。

cTraderを入手

cTraderを採用しているFX業者は全世界で20数社ですが、国内ブローカーでの採用は1社のみです。

そのほとんどが海外ブローカーになります。

最も利用されているブローカーの1つがAXIORYです。

スキャルピング向けのナノスプレッド口座が特徴で、NDDモデルであることからcTraderと最も相性の良いFX業者と言われています。

公式サイトよりcTraderをダウンロードすることができます。

デモ口座も提供されていますので、そちらでcBotを試すこともできます。

バックテストを行う

Meta TraderではEAを実践投入する前にバックテストを行いました。

cBotでも同様にバックテストは必須作業です。

運用に値するかどうかを過去データを元に判断(バックテスト)

評価が良ければ実践投入(リアルトレード)

これが一般的です。

cTraderには標準でバックテストの機能が搭載されています。

使い方を紹介。

cTrader起動後、左の『Automate』を選択するとcBotの一覧が表示されます。

各cBotのソースコードを見ることができます。因みに自由に書き換えてカスタマイズすることもできます。

cBotの『+』(インスタンス追加)から適用させたいペアを選択。

上画像はSample RSI cBotをドル/円に適用させたものです。

適用させる時間足やcBotごとのパラメーターはここで設定します。

上画像の場合、Source、PeriodとQuantityというパラメーターがありますが、設定値によって収益などの結果が大きく異なってきます。

バックテストタブにすると年月が記載されたスライダーが現れます。

スライダーでcBotを稼働させる検証期間を設定します。

残念ながらメタトレーダーのEAのようにヒストリカルデータを持ってきて10年スパンで検証・・・とはいきません。

設定期間はMAXで3年です。

歯車マークからバックテストの設定ができます。

スプレッド・初期資金・手数料などを現実のトレード環境に合わせると、より実践的な結果が出せます。

バックテストの実行はスライダー横のスタートボタンをクリック。

ビジュアルモードにチェックを付けてバックテストを実行すると、取引のタイミングや収益の増減を視覚的に追尾することができます。

成績評価でcBotの優劣判定

バックテスト終了後、チャート下にcBotの成績が表示されます。

成績とは、プロフィットファクタ、ドローダウン、資金推移、勝利トレード数・率などcBotを評価するありとあらゆるデータを指します。

有効証拠金タブで口座残高の推移が確認できます。

上図だと、10,000ドルでスタートして最終的に11,700ドルまで資金を伸ばしていることが分かります。

履歴タブから、バックテスト中に行った全取引を確認できます。

チャートと履歴はリンクしており、クリックすることで視覚的に確認することができます。

取引統計情報タブは最も重要な項目です。

ここに主要なデータが網羅されています。

特に注目すべき点はプロフィットファクターです。

プロフィットファクターは純利益と純損失の比率です。1.0以上なら純利益が純損失を上回るので利益を出せるcBotだと判断できますね。

プロフィットファクターは1.0以上であることは絶対条件で数字が大きいほどより優秀なcBotとなります。

ドローダウンは資金の落ち込みを表しており、パーセンテージが大きいほど残高または有効証拠金が大きく下がったことを意味しています。

Long Tradesが買い、Short Tradesが売りトレードを意味しており、トレードごとの結果も確認できます。

cBotを最適化

バックテストの項目で各cBotにはパラメーターが設定されていると説明しました。

例えばRSIやMAを使ったcBotなら統計の元になる期間を設定してやるのが一般的です。

上図はRSIを利用したcBotの設定値を14日とした場合で利益は1,721ドルです。

同じcBotを10日設定した場合は利益は362ドルにまで下がってしまいます。

パラメーターで損益が大きく変化するのが見て分かるかと思います。

バックテストを行う主目的は利益を最大化できるパラメーターを探し出すことです。

そして最適なパラメーターを探し出すことを最適化といいます。

パラメーター値を手動で変更

バックテスト

この繰り返しを行うのは大変時間が掛かりますね・・・

そこで、cBotの最適化機能を使います!

この機能を使えばコンピューターが自動でパラメーターを変更→様々なパターンでバックテストを行ってくれます。

最適化タブを開くと上図のようになっています。

最適化の設定欄以外はバックテストと同様の構成です。

スプレッドや仮想資金の設定ができます。

スプレッドは範囲を指定してランダムにした方がよりリアルトレードに近くなります。

手数料はECN口座用の設定値です。

AXIORYを想定するなら100万通貨毎30ドルです。

時間軸の指定はcBotを走らせる時間足です。上図だとh1,h2,h3,h4全ての時間足で検証されます。

Lotsで注文量の設定もできます。

上図だとStep(刻み)0.01Lotsで最小0.01Lots~最大1.05Lotsの全てが検証されます。

最適化は上の設定値をありとあらゆるパターン(組み合わせ)で検証するため、指定Lotや時間足が多くなりすぎると処理時間が非常に長くなってしまいます。

適度に設定するのがオススメです。

基準最適化で「何に最適化するか?」を選択します。

トレーダーによって

「ドローダウンを小さくしたい」

「最大利益を狙いたい」

「損失を小さく抑えたい」

など色々な考え方があるかと思います。

そんな時に基準最適化を使います。

要望に応じたパラメーターになるようを結果を出力してくれます。

実際に実行した結果が上図です。

右画面にパラメーターごとの結果がズラーッと並んでいます。

上図は利益最大化の順で並べたものです。

適用を押すとパラメーターが分かります。

2時間足でSourceをClose、RSIの期間19日、注文量1.03Lotsにした時に最大利益5,610ドルを稼ぐことができた。

と結果表示されています。

リアルトレードに投入

cBotのスタートはcBot一覧から行います。

停止も同様の箇所から行えます。

VPSを使って24時間監視

cBotもEA同様にcTraderが起動し続けていないと本来の力を発揮できません!

当然ながら、パソコンが閉じている時はcBotは動きません・・かといって自宅のパソコンを24時間つけっぱなしにするのもリスクがあります。

そこでVPSを使います。

VPSはウィンドウズサーバーのことで、Meta TraderやcTraderをインストールすることができます。

サーバー上にインストールするため、cTraderを24時間365日起動させ続けることができます。

残念ながらAXIORYはVPSを取り扱っていないので、自分でサーバー契約する必要があります。

国内VPSだとお名前.comのサーバーが有名です。

お名前Windowsデスクトップ

VPSを無料で貸し出しているブローカーもいくつかあります。

cTraderを使うならアキシオリーがオススメ!!

 NDD

 公平性・透明性が企業ポリシー

 ECN口座の手数料最安

cTraderに対応した業者は数十社はありますが、最もオススメしたいのがアキシオリーです。

cTraderの設計思想にマッチングした企業ポリシーの元、業界屈指の最安手数料、高い約定力でFXトレードができます。

主にスキャルピングトレーダーに利用されている業者ですが、取引制限がないため、cBotを自由に使う事ができます。