XMのオリジナルアプリをレビュー 使い方など解説

先日、XMからメールが届きました。

その内容は・・

といったもので、どうやらXMのオリジナルアプリがリリースされたという話らしいです。

元々、メタトレーダー4/5のアプリが配信されていたので全部で3種類のアプリが提供されていることになります。

  1. MT4アプリ
  2. MT5アプリ
  3. XMアプリ

通常、メタトレーダーユーザーなら①②を使えば問題なく取引できるわけですが、両アカウントを保有しているユーザーはそれぞれインストールする必要があり、スマホのスペック的な問題を抱えていました。

今回のXMアプリを使えば、MT4/5アカウント両方にアクセスできるという事が最大の売りらしいです。

「MT4/5を上回るアプリなど存在するわけないだろwww」

と思いながらも試しに使ってみました。興味あるかたは参考にしてください。

XMアプリをダウンロード

アンドロイドユーザーはGooglePlay、iPhoneユーザーはAppStoreからダウンロードしてください。

ダウンロードリンク

Google Play

App Store

アプリを使ってログイン

ログイン先は2つです。

①XMのマイページ(会員ページへアクセスする)

マイページにはMT4/5どちらのアカウントでもログイン可能です。入金・出金・ボーナスの受け取り、注文履歴、現在の残高などの口座情報を全て確認することができます。

②取引画面(MT5取引ログイン)

MT5アカウントのみログイン可能。注文や決済が行える。

取引画面にログインできるのは、MT5アカウントのみです。

残念ながらMT4アカウントではアプリを通じて取引を行うことができないのでご注意ください。

ログインに必要なものはMT4/5IDと設定したパスワードです。

XMアプリの使い方

取引画面にアクセスすると通貨ペア一覧が表示されます。

この通貨ペアは自由に追加・削除が可能です。

通貨ペアリストには『シンプル』と『詳細』があり、安値や高値、前日比などのデータを見たい方は『詳細』で確認できます。

銘柄の追加は画面下の『検索』から行います。

Forexで為替ペア、CFDsでCFD商品、Cryptocurrenciesから暗号通貨の追加が行えます。

通貨ペアリストが表示されるので追加したいペアの右側をタップすることで追加できます。(上画像だとCADJPYを追加)

アプリの不具合のためか、+の追加ボタンが消えている場合があります・・・そういう場合もリスト右側をタップすればしっかり反映されます(汗)

上の『ウォッチリストの編集』から複数のウォッチリストを作成できます。

暗号通貨とCFD銘柄、為替ペアをそれぞれ分けて監視したい時などはこいつを使いましょう。

XMアプリから注文

気配値一覧からペア選択→チャート上の「+」もしくは「買い 売り」から新規注文が行えます。

注文方法は成行と予約注文が可能です。

注文と同時にストップロス(損切)やテイクプロフィット(利確)の設定が行えます。

横スクロールモードでカスタマイズ

横スクロールモードにすると詳細なカスタマイズができるようになります。

…時間足の変更

1分足から月足まで。時間足の変更はこちらから行います。

…チャートタイプの変更

ラインチャート、ロウソク足、バーチャートの3種類から選択可

…インジケーターの追加

ボリバンや一目均衡表、MACD、RSIなど全96種類のインジケーターが利用できる。

…各種ツール

フィボナッチやラインを描くツール

…銘柄変更

ウォッチリストに登録した銘柄を自由に変更

…ポインタの使用

高値・安値・始値・終値などチャートを細かく見たいときに使用

インジケーターは複数利用できます。描画ツールも一通りそろっているので基本的な分析には十分な機能です。

使ってみた感想

MT4とMT5アカウントのどちらにもアクセスでき管理が行えるのは非常に便利です。

取引に関してもスマホ取引としては十分な機能です。MT4/5と比較して約定の遅延の違いなども感じられませんでした。

しかしながら、MT4/5アプリの方が性能的には上といった感は否めません^^;

MT5ユーザーで簡単な取引ができてかつすぐさまマイページにアクセスしたいユーザーには良いかもしれませんね。

まだある!XMの提供アプリ

XMでは、上記で紹介したオリジナルアプリ以外にもMT4/5アプリがリリースされています。

ビジュアルモードに優れ、インジケータを始めとした高度な分析ツールが使い放題!

より本格的にトレードしたい方はこちらのアプリがオススメです。

MT4/5アプリは下記の公式サイトからダウンロードできます。