cTraderのマニュアル 使い方を徹底解説

FXのプラットフォームとしてメタトレーダーに次ぐ地位を着々と築いているのがcTraderです。

cTraderはDMA(ダイレクトマーケティングアクセス)が基本構成となっているため、cTraderを通した取引はNDDであり、cTraderを採用している業者も同じくNDD対応業者になります。

NDDはノンディーリングデスクと言って、ディーラーを通さずインターバンク市場に直で注文が流れます。

NDDは結果として、約定力の向上、低スプレッド、取引の透明性など様々な恩恵をトレーダーに与えてくれます。

cTraderはこのNDDに最も最適化されたプラットフォームです!

メタトレーダーを選ぶかcTraderを選ぶかは好みですが、個人的にはスキャルピングユーザーにはcTraderをオススメします。

MT4との比較は以下を参考

とにかく約定が速いため瞬間的な取引では大きな威力を発揮します。

cTraderの使い方についてまとめてみました。

cTraderのデモ口座

AXIORYでcTraderのデモトレードを試すことができます。

cTraderに対応している業者はAXIORY,FXPRO,TradeViewなどが有名ですが、最もオススメなのがAXIORYです。

AXIORYはスキャルピングに特化したブローカーです。

元々スプレッドが狭く、約定力も強いためcTraderとの親和性は抜群です。

公式サイトから無料でcTraderのデモ口座を利用することができます。

cTraderを日本語化

デフォルトでは英語になっています。

日本語化は画面左下の歯車マーク→一般→言語から選択します。

画面構成

基本的な画面構成は以上のようになっています。

① 通貨ペアタブ

このタブから各ペアのチャートを切り替えます。『+』から通貨ペアやCFDを選択でき新規チャートの作成ができます。

時間足の変更やチャートタイプもここから一括して変更できます。チャートタイプはローソク足、ティックチャート、練行足、レンジバーの4種類。

② ワンクリックトレード

メタトレーダーにも採用されているワンクリックトレードの窓です。真ん中の1Kが注文量を表しており、1Kで1000通貨を意味します。

メタトレーダーでは成行だけでしたが、cTraderでは指値・逆指値注文も一瞬で行えます!

下の赤枠、緑枠の1Kと書いてある箇所をチャート上にドラッグ&ドロップするだけで予約注文となります。

また、窓下にある緑バーが買い気配、赤バーが売り気配を表しており、取引の参考にできます。

③ 左ツールバー

左のツールバーでできる事は以下の通り。

チャートの拡大・縮小、チャートタイプの変更、時間足の変更、インジケータの追加、EAの追加、テンプレートの呼び出し・保存。

④ 右ツールバー

右のツールバーは描画ツールが主になっています。

フィボナッチ、トレンドライン、図形の配置、文字の配置などは全てここから行います。

また、通貨ペアを複数タブで開いている場合はここから画面分割することができます。

ターミナル画面で口座情報を確認

ターミナル画面で口座情報や注文履歴が確認できる。

この画面自体はMT4/5とほぼ同じものなのですぐに慣れることができると思います。

利食いやストップロスの設定をここから行うこともできます。

損益はpipsと純損益、手数料込みの損益の3つが並んでいます。

ECN口座を利用の場合は手数料が発生することに注意してください。

一番下の枠で口座残高やスマート・ストップ(ロスカット%)、ポジショントータルでの損益、マージンレベル(証拠金維持率)、無料マージン(余剰証拠金)が確認できます。

Analyzeからより詳細な損益や残高推移を確認することができます。

これまでのトレードの全記録を集計したデータはここで確認します。

注文方法

チャート上でF9を押すと新規注文画面が開きます。

注文方法は成行、指値、ストップ注文、ストップリミット注文の4つ。

ティックチャートは注文のタイミングを計るのに使います。

取引数量で注文数量(1k=1000通貨)を入力します。ピップ=$0.09となっているのは1pipに対する損益です。

設定は許容スリッページや損切、利食い、トレーリングストップも使えます。

新規注文を入れると、チャート上に建玉や利食い、損切がラインとして表示されます。

このラインは直感的に操作・移動ができ、簡単に値をずらすことができます。

板情報の味方

cTraderの特徴といえば板情報です。

MT4では見れません(MT5では見れる)

通貨ペア一覧のリストから板情報を見たいペアを右クリック。

インフォメーションを選択してください。

下にスクロールするとDepth of Market(市場の奥行)とありますが、こいつが板情報です。

表示形式は3パターンあります。

ウォッチリストを作成

よく監視しているペアがあるならウォッチリストでまとめておくと便利です。

ウォッチリストから直接注文をしたり、チャートを開いたりできます。

歯車マークから各操作時の命令を設定することができます。

ワークスペースを作成

カスタマイズしたチャートはワークスペースとして保存・呼び出しをすることができます。

axiory1とaxiory2が現在保存してあるワークスペースです。

カスタマイズしたチャートを新規に保存したい場合は「ワークスペースを保存」から名前を付けて保存します。

テンプレートを作成

例えばEUR/USDに適用させているインジケータを他の通貨ペアにも同じように適用させたい時にテンプレートを作成しておくと便利です。

インジケータの設定値や種類をそのままテンプレートとして保存しておくことで他のチャートにもそのまま流用できます。

インジケーターの追加

チャート上で右クリック→インディケーターから各種インジを選択できます。

トレンド系、オシレーター系など合計60種以上が標準で入っています。

尚、他のインディケーターを選択するとcTraderのコミュニティサイトにアクセスし、有志が作ったインジケーターをダウンロードですることができます。

インジケーターの削除は右クリック→オブジェクトリストから行います。

cBotを使って自動売買する

cTrderは自動売買にも対応しています。

メタトレーダーではEAを利用して自動売買を実現していましたが、cTraderではcBotを利用して自動売買を行います。

プログラミング言語としてcAlgoが使われており、開発はEAより難しいとされています。

しかしながらcTraderの有志によって、常に新しいcBotが開発され公開されています。

cTraderには標準でSample cBotが複数用意されています。

使用するには左メニューのAutomateからcBotの画面に入り、適用させたいcBotを選択。

cBotの種類によってパラメーターが異なります。

通貨ペアや時間足、パラメーターを設定後にスタートボタン押下でcBotが始動します。

注意点として自動売買はcTraderを継続起動している時のみ働きます。パソコンを消してしまっては正常に動作しないので注意が必要です。

本格的なシステムトレードをお考えの方はVPSを検討してみてください。

コピートレードを利用する

cTraderCopyはコピートレードです。

システムが標準搭載されており、すぐにトレードのコピーだけでなく発信する側になることもできます。

コピー発信元は数百はあります。

各トレーダーの成績確認は必須です。

費用は配信元によって異なります。利益のマージンを取るものもあれば、毎月の定額費用が発生するもの、完全フリーのものなど様々です。

cTraderを使うならアキシオリーがオススメ!!

cTraderに対応している業者はそう多くはありません。特に国内業者なら1社しか対応しておらず、そのほぼ全てが海外業者です。

その中でもcTraderを利用するに最もオススメの業者がアキシオリーです!

 NDD業者

 公平性・透明性が企業ポリシー

 業界随一のECN口座

アキシオリーのバックボーンはcTraderに完全マッチングします。

公式サイトより上記のプラットフォームにアクセスすることができます。興味がある方は確認してみてください!

SNSで友達とシェアしよう