AXIORYはcTrader対応 スプレッドや約定力について解説

AXIORYはベリーズに本社を置く海外FX業者です。

スプレッドの狭さ、ECN口座の手数料の安さ、取引制限が一切ない事から主にスキャルピングを好むトレーダーに利用されています。

ポイント 低スプレッド
cTrader対応
信託保全

スプレッドは海外FX業者の中でも最高レベルです。ナノスプレッド口座だとドル円は0.1pips~です。

ECN口座(ナノスプレッド口座)はスプレッドが非常に小さい代わりに取引手数料が発生します。

AXIORYの手数料は他業者と比較してかなり低い数値を維持しています。

このブローカーは『透明性』『約定力』を最重要視しています。

したがって、資金管理には信託保全、プラットフォームはcTraderを採用。

また、約定の実績(スリップ率)を過去分も含めて常にサイト上で公開しています。

スキャルピングに最適化された業者、AXIORYについて調査・解説。

AXIORYってどんな会社?

会社概要

本社:ベリーズ

所在地:No. 5 Cork Street, Belize City, Belize

事業開始日:2012年

ライセンス:IFSC

資金管理:信託保全に分別管理(Sparkasse Bank銀行)

対応プラットフォーム:MT4、cTrader

レバレッジ:最大400倍

スプレッド:1.3(USD/JPY)

ロスカット:証拠金維持率20%(追証なし)

通貨ペア数:61種類

CFD:インデクッス・貴金属・エネルギー

取引制限:なし

最低入金額:500円~

ボーナス制度:なし

日本語対応:○

STPとECN 2つの口座タイプ

口座の種類スタンダード口座(STP)ナノスプレッド口座(ECN)
レバレッジ400倍400倍
スプレッド0.4pips~0.1pips~
最低入金額20,000円20,000円
手数料なしあり(1Lotあたり3ドル)

海外FX業者の多くはSTP口座とECN口座の2種類を提供しています。

STP口座(一般的にスタンダード口座と呼ばれるもの)ではスプレッド=業者の利益になるので、高めに設定されているのが一般的です。

一方のECN口座では、トレーダーはほぼ直接的に為替市場に参入することになります。業者は仲介をしているだけの状態になります。

ECN取引ではSTP取引の時のようにスプレッドにマークアップ(上乗せ)をしないため、低スプレッドでの取引が可能になります。

その代わり1Lotあたり数ドルの仲介手数料が発生します。

AXIORYはECN口座の評判が良い業者として有名です。

注目するところはナノスプレッド口座の手数料です。

1Lotあたり3ドル、日本円でおよそ330円の手数料でECN口座を提供しています。

他海外業者のECN口座との比較は以下の通り

業者AXIORYTitan
FX
XMFBSLand
-FX
手数料
(ドル)
33.5563.5
最低入金額
(万円)
2211020

AXIORYのECN口座の手数料は群を抜いて安いのが分かります。

また、ECN口座の最低入金額は高くなりがちですが、AXIORYでは20,000円から始めることができます。このような理由からスキャルピングを好むトレーダーに選ばれる傾向があります。

通貨ペアとCFD商品

為替通貨ペア数は61種類。

CFD取引としてエネルギー・金属・インデックスに対応。

インデックスでは最大レバレッジ100倍、エネルギー・金属では最大レバレッジ20倍での取引になります。

また、銘柄によって取引時間、レバレッジ、最低必要証拠金が異なってきます。

取引前に公式サイトで必ず確認しておきましょう。

銘柄レバレッジ最低必要証拠金取引時間(日本時間)
パラジウム20購入金額の5%相当8:00 ~ 7:00
プラチナ20購入金額の5%相当8:00 ~ 7:00
原油20購入金額の5%相当8:00 ~ 7:00
NYダウ平均指数100購入金額の1%相当 8:00 ~ 7:00
日経225指数100購入金額の1%相当 8:00 ~ 7:00

業界屈指の低スプレッド

USD/JPYEUR/JPYEUR/USDGBP/JPYGBP/USD
1.3
(0.5)
1.9
(0.6)
1.3
(0.2)
2.0
(1.1)
1.2
(0.4)
EUR/GBPAUD/JPYAUD/USDNZD/JPYNZD/USD
1.2
(0.4)
1.7
(0.7)
1.5
(0.6)
2.0
(1.0)
1.8
(0.7)

()なしはスタンダード口座、()はナノスプレッド口座の平均スプレッド。

スプレッドは他業者と比較してもかなり小さい部類に入ります。特にナノスプレッド口座(ECN口座)のスプレッドが際立っています。

AXIORYを選ぶメリット

  • その一 スプレッドが小さい
  • その二 ナノスプレッド口座のコストパフォーマンス
  • その三 約定速度

スプレッド、手数料については上項で述べた通りです。

AXIORYのもう一つのメリットは約定力です。

海外FX業者のデータセンターは物理的に離れているため、どうしても約定スピードが遅くなりがちです。

AXIORYの通信網は大変優れており、レイテンシー84msを計測しています。(当サイト調べ)

海外業者の平均値が200ms前後である事を考えるとかなりのスピードです。

「低スプレッド」+「格安の手数料」+「約定速度」+「cTrader」+「取引制限なし」=スキャルピング!

AXIORYはスキャルピングに完全にマッチングした業者といえます。

デメリットはボーナスがない事。

同じような業者のTitanFXでもボーナスは設けてないのを見ると、スキャルピング環境に適した業者は取引環境で勝負しているところが多い印象です。

口座開設手順

AXIORYの口座開設は5ステップです。

規約の確認→基本情報の登録→投資経験の質問→取引口座の申請→各証明書のアップロード

になります。

まずは公式サイトに行き口座開設ページを開いてください。

公式サイト

AXIORYの規約一覧が表示されます。全て英語ですので翻訳して読んでみてください。問題なければ「同意する」にチェックをつけて次に進む。

個人情報を入力します。全て英語での入力になりますのでご注意ください。

住所を英語に変換できる便利なツールが利用できます。

住所を英語に変換

名前:Taro Yamada
性別・生年月日・国籍:選択
住所1:Chiyoda-ku,Tokyo
住所2:2-264
住所3:Ko-poXM101

メールアドレス:*****@gmail.com
電話番号:+819012345678(市外局番の初めの0を除外。81を足して入力)
ご職業等の入力:現在の職業、会社名、投資の資金源など入力

入力が全て終わったら「同意する」にチェックを付けて「財務状況・投資経験のご質問」を入力していきます。

こちらも選択していくだけです。正確である必要はないので、概算値で入力してください。入力が終わったら「同意する」をチェック。

次は開設口座の種類を選択していきます。

お取引プラットフォーム:MT4もしくはcTraderを選択
口座のタイプ:スタンダード口座もしくはナノスプレッド口座を選択
レバレッジ:最大400倍まで選択できます
口座の通貨:日本円(JPY)
秘密の質問と回答:ご自由に設定してください

入力が終わりましたら「同意する」をチェック。

上のように表示されますので、入力内容が間違いなければ「申込する」をクリック。

以上で口座開設の手続きは完了。24時間以内にAXIORYから口座開設完了のメールが届きます。

その際、ログインID、パスワード、サーバー名が記載されています。ログインする時やMT4を使う際に必要になるので忘れずに覚えておきましょう。

口座開設は完了しましたが、その後本人確認手続きが必要になります。

これは監督規制機関の規約遵守のためであり、本人確認を済ませないと出金処理ができませんので忘れずにしておきましょう。

必要な証明書は本人確認書類(写真付き)と現住所確認書類になります。

本人確認には自動車免許、現住所確認には住所が記載されている公共料金の領収書などで構いません。スマホなどで写真を撮影しウェブ上でアップロード申請できます。

MT4とcTraderに対応

AXIORYのプラットフォームは定番のMT4の他にcTraderにも対応しています。

cTraderとは、MT4と同様に高機能ツールを備えたプラットフォームです。MT4との違いとして一番に接続環境があげられます。

cTraderでは、プラットフォームの仕組み上、ブローカーを通さず市場に直接アクセスして取引を行います。

そのため、より透明性の高い取引の実現、約定力の向上、取引板が見れるといったメリットがあります。

GUIの評判がよく、直感的に操作できるため、初めて利用するトレーダーでも操作に慣れるまでに時間を要しません。

MT4の導入はAXIORY公式サイトでダウンロード→インストール→IDやパスワードの入力→ログイン

cTraderについて詳しくは以下の記事を参考

以上のプラットフォームの準備が整えば入金→取引に入ります。

詳しくは以下の記事を参考

入金について

AXIORY入金方法

取引方法

MT4を使った注文方法

AXIORYの法人口座

AXIORYでは、必要な手続きをクリアすれば法人口座を開設できます。

法人名義で口座を開設すると、『税制上の優遇』『専門のアシスタントを付けられる』『特別スプレッドの提供』といったメリットが受けられます。

一般口座と同様にECN口座も開設でき、cTraderの利用もできます。

口座開設までの手順は以下の通り

①申し込み

②「法人確認書類」「取締役決定書」などの書類提出

③受理後、口座情報をメールにてお知らせ

④入金

⑤取引開始

という流れになります。

個人口座と比べて②の書類手続きが入るため、口座開設の敷居は高くなります。

詳しくは以下の公式サイトでご確認ください。