海外FXのFBSについて口座開設から特徴まで徹底レビュー

FBSはアジアを中心に多くのトレーダーに利用されている海外FX業者です。

数年前までは400万人程度のトレーダー数でしたが、現在は1,300万人まで数を増やしています・・いつの間に・・(◎ー◎;)

ポイントレバレッジ最大3000倍
VPSに対応
取引制限なし

FBSは管理人が知っている業者の中でも最もハイレバレッジな業者です。

最大レバレッジは3,000倍のためトレード時は色々と注意を要します!

以前は全て英語表記で日本人トレーダーはほとんどいなく、つい先日まで円建ての口座もなかった業者でしたが、現在は日本語化・円建て口座も開設可能になっています。

あまり馴染みのない業者ですが、使い勝手はなかなかのものです!

今回はFBSについて口座開設を含め、口座タイプや会社について徹底レビューしました。

FBSってどんな会社?

会社概要

本社:ベリーズ

所在地:Suite 5, Garden City Plaza, Mountain View Boulevard,BELMOPAN, Belize, C. A.

事業開始日:2009年

ライセンス:IFSC、Cysec

資金管理:分別管理

対応プラットフォーム:MT4/MT5、Webトレーダー、アプリ

レバレッジ:最大3,000倍

スプレッド:1.4(USD/JPY)

ロスカット:証拠金維持率20%(追証なし)

通貨ペア数:37種類

CFD: 貴金属・エネルギー・株式

取引制限:なし

最低入金額:500円~

ボーナス制度:あり

日本語対応:〇

最大レバレッジ3,000倍は口座残高で変化する!

FBSの最大の売りは3,000倍という強力なレバレッジです。

レバレッジが高いとポジションが長く持てるメリットがあるため、冷静なトレーダーであればリスクになることはありませんが、すぐ熱くなるトレーダーは逆に危険です。

ちょっとした相場の逆行でゼロカットしてしまうので注意してください!

このレバレッジですが、常に3,000倍が維持されるわけではありません。

口座残高によって上下することがある点をよく理解しておく必要があります。

実はFBSのレバレッジ3,000倍は口座残高が2万円以上になると2,000倍に落ちます・・・さらに残高が20万円以上になると1,000倍に落ちます・・・

・・はい

実は顧客のマネー保全の観点から海外FX業者では当たり前の措置です。

レバレッジが変化すれば証拠金維持率も変化します。

FBSでも例外ではないのでその仕組みは理解しておきましょう。

0~2万円未満 最大3,000倍

~20万円未満 最大2,000倍

~50万円未満 最大1,000倍

~300万円未満 最大500倍

~1,500万円未満 最大200倍

1,500万円以上 最大100倍

FBSの口座タイプ別の特徴まとめ

 口座の種類 セントマイクロ スタンダードゼロスプレッド ECN
 レバレッジ1000300030003000500
 スプレッド
(pips)
1.0~3.0~0.5~ 0-1.0~
 最低入金額100円 500円1万円5万円10万円
最大ポジション数200200200200無制限
 手数料00020ドルから6ドル

口座タイプは全5種類!

他社に比べたら結構な数ですね。

各口座による違いはザッと言って「スプレッド」「最低入金額」「手数料の有無」

↓↓ トレード目的別にオススメ口座についてまとめました ↓↓

小額取引をしたい人向け

セント口座かマイクロ口座。数百円から入金できてレバレッジも最大3,000倍まで自由に設定(セント口座は1,000倍まで)。スプレッドは大きめだけど、小額でコツコツやりたい人向け。個人的にスプレッドを考えるとオススメはできません。

本格的に取引をしたい人向け

スタンダード口座。レバレッジ3000倍、入金は1万円から。FXの最も基本的な口座タイプですので「どの口座を選べばいいか分からない・・」という方はスタンダード口座から始めてみてください。

スキャルピングしたい人向け

ゼロスプレッド口座、ECN口座。ともに最低入金額が大きいというデメリットはありますが、スプレッドとの兼ね合いを考えるならこの2つ以外ありえません。手数料を考慮した上でECN口座を特にオスススメします。

尚、ゼロスプレッド口座はスプレッドがいかなる時も0固定です。

手数料が20ドルとかなり大きめですが、確定申告で経費扱いにできます。

スキャルピングに自信のある本格派のトレーダー以外は手を出さないほうが吉です。

FBSのCFD商品とスプレッドについて

CFD商品はエネルギー・貴金属・株式を提供。特に株式においてはアップルやディズニー、フェイスブック、グーグルなど多くの銘柄が揃っています。

ECN口座は為替のみでCFDには対応していないのでご注意ください!

主要CFD商品のスプレッド、スワップポイントは以下の通り。

単位はpip

CFDスプレッドスワップ(Long)スワップ(short)手数料(ドル)
原油(WTI)2-1-125
30-2.01-1.32なし
5-1.56-1.03なし
ディズニー(株式)3-0.1-0.13
アップル(株式)3-0.1-0.13

主要FX通貨の平均スプレッドは以下の通りです。

USD/JPYEUR/JPYEUR/USDGBP/JPYGBP/USD
1.42.80.940.9
EUR/GBPAUD/JPYAUD/USDNZD/JPYNZD/USD
1.530.8224

※スタンダード口座の平均スプレッド値

上の表を見ての通り、クロス円よりドルストレートの方がスプレッドが小さくなっています。

元々、日本向けにサービスを展開している業者ではないので、クロス円より世界標準のドル関連ペアの方がスプレッドが小さくなっています。

ボーナス、コピートレード、VPSなど他サービス

FBSではVPSサーバーを利用できます!

取引制限がないFBSでVPSを使えば取引の幅が大きく広がります。

VPSの設定やサーバーレンタルについては別記事で詳しくまとめています。ぜひ参考になさってください!

FBSのボーナスは他社に負けないぐらい豊富です!

Trade 100 Bonus

100%預金ボーナス

キャッシュバック

Trade 100 Bonusは未入金ボーナスのことで入金なしで取引を始めることができます。

ボーナスについて詳しくは以下記事を参考

FBSはコピートレード専用のアプリを提供しています。

対象は世界中のFBSトレーダーで、簡単にコピーすることもできればトレードを公開することもできます。

こちらも別記事でまとめています。

5分で完了!FBSの口座開設手順

FBSの口座開設は非常に簡単です。

かつては円建て口座はできませんでしたが、現在はできるようになっています。(ただし、セントとECN口座は円建て不可)

公式サイトにアクセスして「取引口座を開設する」からメールアドレスと名前(ローマ字)を入力してメール認証します。

公式サイト

メール認証が終わると口座タイプを選択します。

さきほどのFBSの口座タイプ別の特徴まとめを参考にしてください。尚、100ドルボーナスが欲しい場合は必ずTrade 100 Bonus口座を選択します。

MT4もしくはMT5のアカウント情報が表示されます。

ログイン、パスワード、サーバーはメタトレーダーにログインする時に必要となるので控えておきます。

本人確認手続き

続いて本人確認の手続きに入ります。

この手続きを終えないと入金出金ができないので必ずやっておきましょう!

電話番号を確認する

電話番号を入力します。

市外局番の最初の数字は除外して入力してください。

例えば09012345678ならば、(+81)901234568と入力します。

その後、「コードを取得」を押すと、FBSから5桁の数字がSMSで送られてきます。

数字をサイト上で入力して、認証は完了です。

証明書アップロード

最後に本人確認の身分証明書を提出します。

サイト上でアップロードできるので特に難しいことはありませんね。

必要な証明書は「政府機関が発行した身分証明書」になります。

運転免許証、パスポート、健康保険証などが対象です。

スマホなどで撮影した画像を送信するだけでOKです。以上で本人確認の手続きは完了。

お疲れさまでした\(^o^)/