XMの全CFD銘柄を紹介 レバレッジや証拠金について解説

XMでは為替だけでなく原油やパラジウム、ナスダックなど全47銘柄のCFD取引ができます。

CFDとFXと異なる点は以下の通り

① 取引時間
② 先物と現物がある
③ 証拠金の計算方法

CFDとは差金決済取引の事で、FXと同様に取引銘柄の値幅から利鞘を狙います。FXと違って平日24時間取引ができるわけではなく、各銘柄によって取引時間が異なります。

また、同じ銘柄でも現物と先物の2種類の商品があり、先物に関しては満期日が決まっています。

レバレッジや証拠金の計算方法もFXと違うため、不慣れな初心者は困惑しやすいのがCFDです。

しかし、慣れてしまえばどうって事ありません!!

今回はXMのCFDについて、証拠金の計算方法からレバレッジ、銘柄、取引時間等、CFDの基本について解説します!ぜひ参考に!

CFDの証拠金計算方法

FXではレバレッジから証拠金を計算しましたが、CFDでは計算方法が違います。

証拠金はその商品を売買するために必要な資金です。

この資金を担保に取引を行いますね。

計算式は以下の通り

証拠金 = ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

 

ロット数

注文数量。

コントラクトサイズ

1ロット当たりの注文単位です。FXの1ロット=10万通貨のように各商品にも注文単位がそれぞれ設定されています。

オープン価格

現在価格

証拠金率

「取引金額の何パーセントが証拠金として必要なのか?」を表しています。取引金額100万で率5%なら5万円が証拠金として必要です。百分率で計算するため、例えば証拠金率が1%なら0.01で計算する。

①~③で取引金額の総額を計算して④を掛けて証拠金をはじき出します。

例えばココアの証拠金率は2%でコントラクトサイズは1(Metric Ton)です。オープン価格が2,400ドルの時に2ロット売買したければ、

 

証拠金=2(ロット)×1(コントラクトサイズ)×2,400(オープン価格)×0.02(証拠金率)=96ドル

 

が必要証拠金になります。

各銘柄によってコントラクトサイズと証拠金率が違ってきます。

以上の情報は公式サイトにて確認できます。取引前にチェックしておきましょう!

CFDにおける現物と先物の違いは?

CFDには現物(Cash)と先物(Future)の2種類があります。

現物と先物の違い

・先物は満期日あり。現物はなし

・現物はスワップあり。先物はなし

・現物の株式指数には配当金がある

・現物の方がスプレッドが狭い

先物には限月が決まっている

先物は限月(満期日)が設定されている期限付きの取引で、満期日になると強制的に反対売買(決済)されます。

XMでは他社のような自動ロールオーバーには対応していないため、手動でロールオーバーに対応します。

MT4の通貨ペア一覧から先物と現物を確認。「CFD Future」と「CFD Cash」というようにカテゴライズされているので分かりやすいですね。

Futureとなっているものが先物で、銘柄の後ろについている日付が限月を表しています。例えばCOCOA-MAY18の限月は2018年5月という意味です。

具体的な日付は公式サイト内「取引商品」→「カレンダー」から確認できます。

例えば上図は日経平均ですが、取引開始日(オープン)が2018年12月12日、新規注文停止日(クローズのみ)が2019年3月8日、強制決済日(満期)が2019年3月8日という意味です。

新規注文停止日には次限月の市場が開きます。

ロールオーバーのやり方としては、3月8日に現在持っているポジションを決済 → 決済価格と同価格で次限月に新規ポジションを建てるといった具合です。

結果としてポジションを持ち越せた事になりますよね?

満期日の事をSQ日ともいいますが、この日を逃すとポジションが問答無用で決済されるのでSQ日は絶対に忘れないようにしてください。

スワップと配当金は現物のみ

現物にはスワップポイントと配当金調整という2つの調整制度があります。

スワップポイントはFX同様に日付をまたぐたびに発生し、土日分のスワップがまとめて発生するスワップ3倍デーが水曜日に設定されています。

尚、CFDのスワップは金と銀以外は全てマイナススワップになっています。

スワップは全ての現物にありますが、配当金は株式指数のみです。

買いの場合は受け取る事ができ、売りの場合は支払う必要があります。

それぞれの金額の計算式は以下の通り。

 

買いの場合

配当金調整額 = 申告された指数配当金 x ロット数でのポジションサイズ

売りの場合

配当金調整額 = 申告された指数配当金 x ロット数でのポジションサイズ

 

例えばUS100Cashの指数配当金が0.146、ロット数が10Lotであれば0.146 × 10 =1.46ドルの配当金を受け取ることになります。(売りポジの場合は支払い)

XMの公式サイトにて配当日、配当金が確認できます。

現物と先物のスプレッドの違いは?

上画像は日経平均の売買価格です。

現物(Cash)のスプレッドが12、先物(Future)のスプレッドが24となっているのが分かるように現物と先物でスプレッドが異なります。

一般的にスプレッドが小さいのは現物です。

このように現物と先物で細かい違いがあります。

 

現物はスプレッドが小さくスワップや配当金がある

先物はスプレッドが大きくスワップや配当金がない

 

と覚えておきましょう!

このような事から長期保有は先物の方が有利、逆に短期売買なら現物の方がスプレッドが小さい分有利となります。

コモディティ(商品)はレバレッジ50倍

ココアやコーヒー、トウモロコシといった穀物商品を扱います。

数世紀前から行われている最も古典的な取引で、XMでは全8銘柄のコモディティを売買できます。

尚、コモディティは全て限月ありの先物取引になります。

証拠金は

ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

で計算されます。

取引銘柄は以下の通り。スプレッドはフローディングスプレッドで最低値を記載。取引時間はGMT+9(日本時間)。

3月末から10月末までは夏時間が採用され表記の時間マイナス1時間になります。

 取引時間(GMT+9)コントラクトサイズ証拠金率(%)スプレッドレバレッジ
COCOA18:50-3:251 Metric Ton21550
COFFE18:20-3:2510000 LBS20.00850
CORN10:05-22:40,23:35-4:10400 Bushels20.027550
COTTO11:05-4:1510000 LBS20.004750
HGCOP8:05-6:552000 LBS20.007750
SBEAN10:05-22:40,23:35-4:10400 Bushels20.018550
SUGAR17:35-2:5510000 LBS20.000950
WHEAT10:05-22:40,23:35-4:10400 Bushels20.02550

株式指数には配当金がある

現物18種、先物12種の計30種類。世界中の株式指数が対象です。日本の日経平均やナスダック、ダウなどがメジャー指数が揃っています。

主要なものは以下の通り

日経平均(JP225)

世界最大級の取引所である東京証券取引所の株価指数を扱う。構成銘柄はTOYOTAやNTTといった大企業中心。

ナスダック(US100)

ハイテク関連株などが多く集まる。アメリカではニューヨーク証券取引所に続いて2番目に大きい取引所の主要銘柄を扱う。値動きが大きいのが特徴

S&P 500 ‏(US500)

ニューヨーク証券取引所やナスダック証券取引所に上場している500の主要銘柄を扱う。産業分野は投資・バイオテクノロジー・情報技術など多岐に渡る。

株式指数は現物と先物の2通りの方法で売買できます。スプレッドが異なるので注意してください!

株式指数のコントラクトサイズは全て1です。

したがって、日経平均(JP225)が2万円の時の1Lotは2万円です。価格が上昇して20,100円になれば100円の利益となります。

 

証拠金=ロット数(1Lot) × コントラクトサイズ(1) × オープン価格(20,000) × 証拠金率(0.005)

 

上式より証拠金が100円となることも分かりますね。

レバレッジは10倍~200倍。日経平均のレバレッジが最も大きく200倍に設定されています。

株式指数(現物)はCFD銘柄で唯一、配当金が発生します!配当日等については公式サイトで確認できます。

 取引時間(GMT+9)先物証拠金率(%)スプレッド(現物/先物)レバレッジ
AUS2007:55-14:25,15:15-5:5513100
EU5016:05-5:5512.6/3100
IT4017:05-1:35113100
GRE2017:40-23:5510310
CHI5010:05-17:25,18:05-5:401.518/2266.7
GER308:05-6:15,6:30-6:5512/4100
FRA4016:05-5:5511.8/3100
HK5010:20-12:55,14:05-17:25,18:20-1:551.51466.7
JP2258:05-6:15,6:30-6:550.512/24200
NETH2516:05-5:5510.6100
POL2017:50-00:452350
USDX10:05-6:55先物のみ10.05100
US5008:05-6:15,6:30-6:5510.7/1.2100
US308:05-6:15,6:30-6:5512.8/6100
US1008:05-6:15,6:30-6:5512/5100
UK1007:05-5:5511.5/6100
SWI2016:05-5:5515/4100
SPAIN3517:05-3:5516100
SING9:35-18:05,18:45-5:401.50.6/0.9066.7

金・銀は現物、パラジウム・プラチナは先物オンリー

XMのCFDの中でも人気なのが貴金属です。

経済状況に左右されにくい持続的な価値があり、長期保有に向いている商品です。

特に金はドルとの連動や世界情勢によっては方向が掴みやすいため、人気のCFD商品となっています。

現物は金と銀の2種類、先物はパラジウムとプラチナの2種類。合計4種類です。

金・銀はFXと同様に平日24時間取引ができて最大レバレッジ888倍となっています。

金・銀の証拠金は以下のように計算します。

 

証拠金=ロット数 × コントラクトサイズ× 市場価格÷レバレッジ

 

パラジウムとプラチナは他CFDと同様に

 

証拠金=ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

 

によって計算されます。

 取引時間(GMT+9)コントラクトサイズ証拠金率(%)スプレッドレバレッジ
FXと同様100 oz0.3888
FXと同様5000 oz0.03888
PALL8:05-6:5510 Troy ounces4.5422.2
PLAT8:05-6:5510 Troy ounces4.5322.2

エネルギー銘柄は原油や天然ガス

流動性に富んでいるのがエネルギー銘柄です。

短期間で大きな変動があり、大きな利益を狙えるチャンスがあります。

中でも原油は世界で最も取引されているCFD商品です。

経済状況などによる需要・供給の変化が分かりやすく、ファンダメンタルの視点から取引しやすいのがメリット!

世界各国で取引市場が開設されているため、ほぼ24時間トレードができます。

銘柄はガスや原油など全5種類でエネルギー銘柄は全て先物取引になります。

 取引時間(GMT+9)コントラクトサイズ証拠金率(%)スプレッド最大レバレッジ
BRENT10:05-7:55100 Barrels1.50.0566.7
GSOIL10:05-6:554 Tonnes31.533.3
NGAS8:05-6:551000 MMBtu30.03533.3
OIL8:05-6:55100 Barrels1.50.0566.7
OILMn8:05-6:5510 Barrels1.50.0566.7
The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」
この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!
XM(xmtrading) CFD
管理人Aをフォローする
海外FX取引ガイド
タイトルとURLをコピーしました