FBSのVPSを簡単な条件で無料レンタル!使い方を解説

FBSはアジア、欧州を中心に多くのトレーダーを抱える巨大ブローカー。

レバレッジ3000倍、全6種類の口座タイプ、ゼロスプレッド口座の採用など他社と比べても特色のあるブローカーです。

この業者はVPSにも対応しています。

FBSについて

また、取引の禁止事項が一切ないため、スキャルピングやシストレを自由に行うことができます。

特にシストレを行うならVPSのレンタルは必須です。

FBSは条件を満たすことで、このVPSを無料レンタルできます。他にもVPSを無料貸し出ししてくれる業者はありますが、FBSが最も敷居が低いです。

VPSはサーバーそのものですので、設定が難しいという印象を持たれる方もいますが、実際は非常に簡単です。

時間にして30分ほどで設定が完了し、その日のうちにシストレを開始することができます。

さらにはWindowsとMAC、いずれの環境からもアクセス可能です。

FBSのVPSについて設定から使い方までまとめてみました。

VPSの料金

FBSでVPSサーバーを借りるには条件があります。

①口座開設後に450ドル以上の1回の入金をしたことがある

②個人エリアでサーバーの設定を行う

①は合計ではなく、1回の入金で450ドルとなっている点に注意してください。②はVPS設定時に必ず行うので特に意識しなくてもよいです。

VPSは最初の1ヶ月間は無料で借りることができます。

また、レンタル料金は月33ドルです。

料金はVPS設定時に指定した取引口座から自動引き落としされます。残高が足りなければサーバー契約解除になってしまうので注意してください。

さらに次条件を満たすことでVPSを無料レンタルすることができます。

1ヶ月の取引量3Lot(※ECN口座は除く。ビットコイン取引は除く)

1ヶ月3LotはVPSをレンタルするぐらいのトレーダーなら楽にクリアできる数字です。

FBSは無料レンタルの条件が他社と比較して非常に優しいため、システムトレーダーの多くは無料で利用しています。

サーバーの導入から設定

マイページにログイン後、サイドメニューから『VPSサーバー』を選択。

サーバーの所在地を複数の候補から選択できます。

FBSはベリーズの会社です。約定速度の上昇を考慮してロンドンやシカゴがおすすめです。日本でも良いですが、約定力の向上はあまり期待できません。

サーバー選択後、『サーバーを利用可能にする』をクリック!

自動的にアカウントの作成が始まります。

15分程時間がかかります。画面を離れても作成プロセスは続行されます。

サーバー作成後に、IPアドレス、ユーザーネーム、パスワードが表示されます。

ログイン時に必要になりますので、メモっておきましょう。

続いてVPSにログインします。

Windowsユーザーの方は標準でリモートデスクトップに接続するアプリが内蔵されています。Macユーザーの方は「Remote Desktop」というアプリをインストールしてください。

ここではWindowsユーザーに合わせて設定方法を紹介。

リモートデスクトップ接続を起動。

コンピュータ→IPアドレス

ユーザー名→Administrator

上で送られてきたIPとユーザー名を入力後、『接続』

続いてパスワードを求められるので、これまたサーバー作成時に表示されたパスワードを入力→OK

上のようにデスクトップ画面が表示されれば完了です!

始めからFBSのメタトレーダーがインストールされていますが、英語版です。VPSにブラウザも入っているので、日本語が良いかたは自分でダウンロードしてください。

また、このVPSにはスマホからアクセスすることもできます。

以前紹介した「XMのVPSサーバー」と方法は同じです。こちらの記事を参考にしてください。

スマホからVPSにアクセスする方法

VPSにファイルを移動させたい

VPSのメタトレーダーは初期設定のままで使いたいEAやインジケーターが入っていない状態です。

自宅PCのデスクトップにあるファイルをVPSに移動させる方法はコピペでOKです。

自宅PCのファイル→コピー

VPS→ペースト

以上です。

VPSの契約解除

契約解除は

①FBSマイページログイン

②VPSサーバー

③サーバーをキャンセル

の順序で行います。

VPSと自宅環境の比較

VPSの最大のメリットは常時メタトレーダーを起動させ続けることができることです。その結果、シストレにおけるトレードの機会損失がありません。

実はVPSを導入することで、約定速度の大幅向上が期待できます。

上画像は特殊なEAを使い測定した注文の執行スピードです。

自宅環境

  • 最大→438ms
  • 最小→265ms
  • 平均→316ms

VPS

  • 最大→281ms
  • 最小→47ms
  • 平均→124ms

平均的な執行時間がVPSを使う事でおよそ3分の1にまで短縮しています。約定速度は3倍近くまで上昇している計算です。

スキャルピングやシストレの高速売買など、取引回数の多いトレーダーであればあるほど、スリッページは死活問題になります。

スリッページは注文の確定に時差があることで生じるため、注文の執行スピード(約定速度)を上げることで減らす事ができます。

VPS設定時にサーバーをロンドンにしました。これは、FBSのデーターセンターと物理的な距離が近いためです。

日本サーバーだと自宅環境と比較しても大した差はないので、約定速度に関しては大きなメリットは得られません。