FXの無料VPSならFBSがオススメ!設定や使い方をガイド

FBSはアジア、欧州を中心に多くのトレーダーを抱える巨大ブローカーでレバレッジ3,000倍、コピートレードができるなど特色あるFX業者です。

実はこのFBS、取引条件を満たせばVPSを無料で貸し出してくれます!

業者料金無料レンタル
XM(海外FX)28ドル
FBS(海外FX)33ドル
TTCM(海外FX)25ドル
国内A社2,000円不可
国内B社2,200円不可

月額の料金自体はお名前.comデスクトップクラウドのような国内業者の方が安くで済みますが、無料レンタルはありません。

一方のXMTTCMのような海外業者では無料レンタルが可能です。その中でもFBSが最も条件が緩やかです!

他社では口座残高の条件がありますが、FBSで必要な条件は初回入金と取引量だけです。

VPSはサーバーそのものですので設定が難しいという印象を持たれる人もいますが、FBSのVPSは簡単に設定できます。時間にして30分ほどで設定が完了し、その日のうちに自動売買を開始することができます。

このような理由から無料VPSで最もオススメしたい業者としてFBSを押しましたю┐ ̄ε ̄)

FBSのVPSについて設定や使い方についてまとめています。よければ参考にしていってください!

VPSの料金と無料利用の条件

① 口座開設後に450ドル以上の入金を1回

 

VPSを借りる条件は①のみです!合計ではなく1回の入金で450ドルとなっている点に注意してください。日本円で5万円ほどですね。

レンタル料金は月33ドルとなっており、料金はVPS設定時に指定した取引口座から自動引き落としされます。残高が足りなければサーバー契約が解除されてしまうので資金管理には注意してください。

最初の1ヶ月間は無料で借りることができ、翌月から料金が発生します。

翌月以降も無料で使用したい場合は次の条件②が必要です。

 

② 前月の取引量3ロット(ECN口座は除く。セント口座では300ロット)

 

VPSをレンタルするぐらいのトレーダーなら楽にクリアできる数字です。

FBSは無料レンタルの条件が他社と比較しても非常に優しいですね(っ´ω`c)

VPSの設定から使い方まで

マイページにログイン後、サイドメニューから【VPSサーバー】を選択。

サーバーの所在地を複数の候補から選択できます。

FBSはベリーズの会社です。約定力を考慮するならロンドンやシカゴといった地理的に有利なサーバーにした方が良いでしょう。日本でも良いですが、約定力の向上はあまり期待できません。

サーバー選択後、【サーバーを利用可能にする】をクリック!

自動的にアカウントの作成が始まります。

15分程時間がかかります。画面を離れても作成プロセスは続行されます。

サーバー作成後に、IPアドレス、ユーザーネーム、パスワードが表示されます。

ログイン時に必要になりますので、メモっておきましょう!

続いてVPSにログインします。

Windowsユーザーの方は標準でリモートデスクトップに接続するアプリが内蔵されています。Macユーザーの方は「Remote Desktop」というアプリをインストールしてください。

ここではWindowsユーザーに合わせて設定方法を紹介します。

リモートデスクトップ接続を起動。

コンピュータ → IPアドレス

ユーザー名 → Administrator

上で送られてきたIPとユーザー名を入力して接続します。

続いてパスワードを求められるので、これまたサーバー作成時に表示されたパスワードを入力。

上のようなデスクトップ画面(サーバー)が表示されれば完了です!

始めからFBSのメタトレーダーがインストールされていますが英語版ですね^^;VPSにブラウザも入っているので、日本語が良いかたは自分でダウンロードしてください。

また、このスマホからVPSにアクセスすることもできます。

以前紹介した「XMのVPSサーバー」と方法は同じです。こちらの記事を参考にしてください。

VPSの契約解除と注意点

契約解除は

① FBSマイページログイン

② VPSサーバー

③ サーバーをキャンセル

の順序で行います。

有料で契約している場合は、月途中で解約しても1ヶ月分の支払いが発生する点に注意!また、解約後に再びVPSを契約する時は450ドルのデポジットが必要になります。

VPSと自宅環境の比較

VPSのメリットは常時メタトレーダーを起動させ続けることができることですね。その結果、シストレにおけるトレードの機会損失がありません!

それと同時にVPSを導入することで、約定力の大幅向上が期待できます!

上画像は特殊なEAを使い測定した売買注文のレイテンシーです。

自宅環境

  • 最大 → 438ms
  • 最小 → 265ms
  • 平均 → 316ms

VPS

  • 最大 → 281ms
  • 最小 → 47ms
  • 平均 → 124ms

平均的なレイテンシーがVPSを使う事でおよそ3分の1にまで短縮できています。レイテンシーは小さければ小さいほどスリッページが小さくなります。スリッページは注文と約定に時差があることで生じるため、レイテンシーを減らす事で小さくできます。

スキャルピングや高速自動売買では有利に働く事は言うまでもありませんね( •̀∀•́ )!

FBS以外のVPS提供業者

今回はFBSのVPSについて紹介しましたが、FBS以外にもVPSが借りられるブローカーがあります。

代表的な業者がXMTraders Trustです。

いずれもFBS同様に条件を満たせば無料で利用することができます。

中でもオススメなのがXMです。

 口座残高5,000ドル

 5Lot/月の取引

 EAによる取引制限なし

以上の条件が必要になりますが、FBS同様に取引制限がないためEAやスキャルピングが使い放題です。公式サイトでVPSに関する詳細が確認できます。

The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」
タイトルとURLをコピーしました