FBSの出金方法を完全ガイド

FBSの出金方法は上の6通りあります。PerfectMoney、OKPAY、BONSAITRANSERは日本人でも開設可能なオンラインウォレットですが、公式が日本語非対応なのでここでは除外します。

主な出金方法はクレジットカード、mybitwallet、ワイヤートランスファー(海外銀行送金)の3通りになります。

FBSの出金も他業者と同様に原則、入金方法と同じ出金方法となります。つまり入金額と同じ額になるまで優先的に入金した決済先に出金されます。差分(純粋な利益)はmybitwalletもしくは銀行送金によって出金可能です。主な出金方法と反映日、手数料の目安は以下の通りです。

出金方法 クレジットカード mybitwallet 銀行送金
反映 最大48時間 即時 最大48時間
着金 2営業日~1ヶ月 2~7営業日 2~7営業日
手数料 1ドル なし なし

出金手続きするにはFBSの公式サイトからマイページにログインしてメニューの出金から進めます。

ログイン

FBSについて詳しくは

クレジットカード

優先順位が最も高い出金です。出金といっても手続きとしてはカード会社のショッピングキャンセル扱いになり、入金した額がそのまま戻ってくるとイメージしてください。出金限度額は入金した分までで、遡れる履歴は60日です。つまりそれ以前に入金した分はクレジットカードでは出金できず、銀行送金またはmybitwalletへの出金になります。

手数料は1ドル、着金日はカード会社によって異なり最長で1ヶ月ほどかかる場合もあります。

手続きをする際に入金に利用したクレジットカードの画像をアップロードする必要があります!マネロンを防ぐための対策で少々面倒ですが、必ずアップロードしましょう。CVV2などのセキュリティコードは隠した状態でスマホなどで撮影もしくはスキャンした画像を提出します。

出金依頼完了後、登録したアドレスに認証コード付きのメールが送られてくるので認証を済ませ完了になります。

また、出金はドルもしくはユーロ建てになりますので、金額の入力には注意してください!

mybitwallet

出金までの反映が最も早いのがこのmybitwalletです。ウォレットへの反映は即時で手数料もかかりません。その後、mybitwallet→トレーダーの銀行などに出金する際に824円の手数料が掛かります。着金日は2~7営業日です。

入金と同様にmybitwalletのIDもしくはメールアドレスを入力してください。mybitwalletで出金する場合は円での出金になります!金額入力は日本円で入力してください。出金する際にドルもしくはユーロに両替され口座から引かれます。

海外銀行送金

最後に海外銀行送金になります。中継銀行を通じて日本のトレーダー契約の銀行に送金されます。FBS側の手数料はありませんが、銀行によっては事務手続き手数料が掛かります。目安は2,000円~6,000円です。銀行によって異なりますのでご自分の銀行に問い合わせてみてください。

送金先の銀行を入力する際には全て英語での入力になります。また、スイフトコードや正確な銀行名の入力が必要になります。契約銀行のホームページなどで海外送金を受け取る際の英語表記が記載されているかと思いますので、必ずご確認ください。

オススメ海外ブローカー
評価
レバレッジ 888倍
ボーナス あり
サポート 日本語

XM 初心者にオススメのブローカー

最大レバレッジ888倍、追証なし、豊富なボーナス。海外FXの中で最も人気の高いブローカーがXMです。電話やメール、チャットなど全てのサポートが日本語対応。500円の少額入金から始められる手軽さから敷居が低い。口座開設キャンペーンにつき登録するだけで3000円ボーナスが付与。入金せずにすぐに取引ができます。

評価  
レバレッジ 3000倍
ボーナス あり
サポート 日本語

FBS レバレッジ3000倍に6種類の口座タイプ

それぞれ特徴がある全6種類の口座タイプから選択できます。レバレッジは最大3000倍と海外業者の中でもかなり大きい部類に入ります。ボーナスやコンテストなども豊富です。また、コピートレード専用のアプリやVPS無料提供などサービス範囲が広く、初心者から熟練トレーダーまで幅広く付き合えるブローカー。

評価
レバレッジ 400倍
ボーナス なし
サポート 日本語

AXIORY レバレッジ400倍のスキャルピング

スキャルピングに特化した海外ブローカー。取引制限なし、高い約定力、ECN口座のコストパフォーマンスは他社比較でナンバー1。特に約定力は当サイト調べでレイテンシー84ms。他社平均値200msを圧倒する数字を記録。スキャルピングするならAXIORYのナノスプレッド口座が手数料&スプレッドにおいて最も高いコストパフォーマンスが出せます。

SNSで友達とシェアしよう