TitanFXはスキャルピングがおすすめ!5つのメリットを解説

TitanFXレビュー

本社事業開始日ライセンス資金管理プラットフォーム
バヌアツ共和国2014年VFSC分別管理MT4/5
レバレッジスプレッドロスカットボーナス最低入金額
500小さい20%なしなし(初回2万円)

TitanFXは2014年に設立されたブローカーです。特徴はなんといってもスプレッドですね!!

TitanFXはとにかく約定力が強く、スプレッドが海外FXとは思えないレベルに小さいのが特徴です。中でもECN口座の評判が良く、データ通信のインフラが優れているのもあり、この業者で取引するならスキャルピング一択といっても過言ではないです。

他社のようなボーナスといったキャンペーンは一切展開しておらず、純粋にトレード環境で勝負しています。

TitanFXでトレードするなら何故スキャルピングがおすすめなのか?早速見ていきましょう!

レバレッジ制限がないため常に500倍

レバレッジ制限とは、口座残高によってレバレッジが制限されることをいいます。例えばFBSという業者では最大レバレッジ3,000倍となっていますが、口座残高が100万円になるとレバレッジは500倍に下がります。

TitanFXではこのようなレバレッジ制限がありません!

したがって、常にMAX500倍で取引ができます。これはメリットにもなりますしデメリットにもなりえます。

レバレッジが高いほど必要証拠金が少なく済むため、より大きいロット数で取引ができます。口座残高が増えると取引量は抑制されるのが一般的ですが、Titan FXでは一切抑制されないので大口トレーダーであればあるほどロット数の上限が上がっていきます。

これはかなりのハイリスクハイリターンです。

これは他社にはない特徴です。特にスキャルピングはレバレッジを最大限に生かして取引する事が多いため、上手く付き合えれば十分なメリットになります。

レバレッジは自由に設定できるので、「少し怖いな・・」と思う方はレバレッジを下げておくのも良いでしょう。

スキャルピングに適したZEROブレード口座

口座タイプZEROスタンダードZEROブレード
取引手数料なし $3.5(10万通貨)
スプレッド極小
最低入金額20,000円20,000円
レバレッジ 最大500倍最大500倍
最小取引量 0.01ロット0.01ロット
取引制限 なしなし

Titan FXの口座タイプはZEROスタンダード口座とZEROブレード口座(ECN)の2種類。

両口座の違いは手数料の有無とスプレッドであり、取引手数料は発生するがスプレッドの小さいのがブレード口座、取引手数料は発生しないがスプレッドが大きいスタンダード口座です。

管理人のオススメは、ずばりZEROブレード口座です!

Titan FXのブレード口座の手数料はたったの3.5ドル/lotです。XMが5ドル、FBSが6ドルと考えると破格の安さです。

手数料がない分、スタンダード口座の方がいいんじゃないの?

という人がたまにいますが、これは間違いです。

Titan FXにおいてはスタンダード口座とブレード口座でスプレッドはおよそ1.0pip違ってきます。

1Lot(10万通貨)当たりのコストを計算してみましょう!

スタンダード口座でドル円を1Lot取引した場合

1.33(pip) × 0.01(円) × 100,000 = 1,330円

ブレード口座でドル円を1Lot取引した場合

0.33(pip) × 0.01(円) × 100,000 + 3.5ドル(350円)= 650円

計算してみると明らかですね!

スキャルピングを想定して、仮に1日10回それぞれ1Lot、合計10Lot取引した場合

スタンダード口座

1,330円 × 10 = 13,300円

ブレード口座

650円 × 10 = 6,500円

これだけ手数料(コスト)が変わってきます!

このような理由からTitanFXではブレード口座となるわけです。

TitanFXのスプレッドは国内業者並み

通貨ペアZEROスタンダード口座ZEROブレード口座
ドル円1.330.33
ユーロ円1.740.74
ユーロドル1.20.2
ポンド円2.451.45
ポンドドル1.570.57
ユーロポンド1.530.53
豪ドル円2.121.12
豪ドルドル1.520.52
NZドル円2.621.62

上表は主要ペアの平均スプレッド(pip単位)です。

海外業者のスプレッドは国内業者に比べて高いのが一般的ですが、ブレード口座に関しては国内業者と遜色ないレベルのスプレッドとなっています。

ブローカー名USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USD
XM1.62.63.51.6
TitanFX1.331.742.451.2
AXIORY1.72.83.51.7
TraderTrust2.22.73.21.8
FBS2340.9

こちらは他社スプレッドとのスタンダード口座における比較表です。多くの通貨ペアで他社以下のスプレッドを記録しています。

また、TitanFXのスプレッドは安定している事でも定評があります!スプレッドは常に一定ではなく、ボラティリティや経済指標によって変化するのが一般的ですが、あまりに大きく変動するとトレードがしずらくなります。

TitanFXはこの安定性が優れています!

当サイト内で海外FX業者の公表スプレッドと実スプレッドを検証しました。TitanFXはこの検証においても高評価を得ています。

プラットフォームはMT4とMT5に対応

MT5のメリット


動作スピードアップ
時間足が豊富
MT4にないEAが使える

長らくMT4だけに対応していたTitanFXですが、2019年11月からMT5にも対応しました!MT5にてZEROスタンダード、ブレード口座のどちらでも使う事ができます。

MT5の方がMT4より動作スピードが早いです。動作スピードは操作性に直結するため、頻繁に売買を行うスキャルピングでは重要な要素になります。また、MT4にはない2分足、4分足、12分足など細かな時間軸で相場を分析できます。

MT4とMT5は互換性がないため、MT4のEAはMT5では使用できません。逆も然りです。

したがって、MT5にしかないEAを使えるというのもメリットになります。

入出金のbitwalletはリアルタイム処理

TitanFXの入金方法にはクレジットカード、銀行送金、bitwallet等、色々ありますが一番のオススメはbitwalletです。

bitwalletの入出金は「即時反映」と文言で記載しているところが多いですが、実際のところは15分程度を要するため本当の意味でのリアルタイムではなかったりします。

しかし、TitanFXのbitwallet入出金は本当にリアルタイムで処理してくれます!

色んな業者を使用・レビューしていますが、この業者の出金処理は最速です。

急いでいる時に資金が反映されないとイライラする事がありますが、TitanFXならそのような心配はありませんね!

The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました