海外FXの公表スプレッドと実スプレッドを比較してみた

海外業者の各通貨ペアの平均スプレッドはサイト内で公開されている事が多い。

例えばTitan FXの場合

のように公表しているが、果たして

 

「本当にこの通りのスプレッドなのだろうか?」

 

疑問が浮かんでくる事が正直なところ。

この疑問を払拭すべく、今回MT4で通貨ペアを常時監視!

スプレッドを計測し続けて「公表スプレッドは正しいのか?」公表スプレッドと実スプレッドを比較してみました!!

スプレッドの比較をMT4で実施

計測するにあたって、条件を揃えた上で海外FX6社において比較。

スプレッドの計測条件は以下の通り。

比較対象は6社

MT4において実施

15分毎にスプレッド計測

期間は5日間

スタンダード口座のスプレッドを計測

監視ペアは6種類

計測にはMT4のDDEサーバーを使いました。

今回はECN口座は除外しました(複数のMT4を稼動すると極端に重くなるので断念)

方法は至って簡易的。

MT4のDDEサーバーからエクセルに通貨ペアのレートを読み込み → スプレッドを自動計算。これを15分毎に繰り返し集計する。

単純な方法です!

計測結果を各社ごとに比較

まずは各業者が公表しているスプレッド値です。

ブローカー名USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDGBP/USDEUR/GBP
XM1.62.63.51.62.32.0
Titan FX1.331.742.451.21.571.53
AXIORY1.72.83.51.72.42.0
TraderTrust2.22.73.21.82.62.4
FBS2.03.04.00.90.91.5

どの業者もクロス円よりドルストレートの方が小さいスプレッドになっています。これは海外業者の特徴ですね。

次に実計測スプレッド値(赤字は0.5pip以上の乖離、青字は0.5pip以下の乖離)

ブローカー名USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDGBP/USDEUR/GBP
XM1.592.523.431.72.31.9
TitanFX1.331.612.461.31.81.7
AXIORY1.421.572.251.31.51.4
TraderTrust2.32.963.441.92.52.9
Land-FX1.141.651.970.91.91.8
FBS1.81.02.81.21.32.8

どこの業者も0.5pips以上の乖離はほとんどありませんでした。

公表スプレッドと最も乖離してたのはポンド関連ペア。

Traders Trust、FBS、Land-FXが公表値より大きめのスプレッドの中、XM、Titan FXは安定した数値を維持しました。

AXIORYに関しては公表スプレッドよりもだいぶ小さいスプレッドを記録

また、やはり経済指標などのボラティリティが上昇する局面では、各社ともスプレッドが広がっていく傾向があります。

しかしながら、相場の急変動でもない限り安定したスプレッド(公表値)を維持しているのはどこの業者も変わりませんでした。

海外業者のスプレッドは本当なのか?

海外業者の公表スプレッドに嘘はない」

これが結論です。

デタラメな値を公表するデメリットの方が大きいので当たり前な話ですが、検証する事で裏付けられたと思います。

今回の計測では、公表スプレッドと実スプレッドの違いはみられませんでした。

非農業部門雇用者数などの重要な経済指数発表日が含まれていなかったのも、公表スプレッド ≒ 実スプレッドとなった原因かもしれません。

ただし、ほぼ常時(計測回数の95%以上は)

 

公表スプレッド ≒ 実スプレッド

 

であったため、仮に1ヶ月計測したとしても公表スプレッドに近い値に落ち着くものと思われます。

ただし、経済指標発表時のような流動性が高くなる場合には確実にスプレッドが広がります!

このスプレッドの広がりは業者によって様々です。中にはロスカットを招くぐらいの大きな広がりが起こる場合があります・・・極端にスプレッドが広がる業者は避けた方が無難でしょう。

The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」
タイトルとURLをコピーしました