海外FXの時間帯別スプレッド|早朝や深夜帯を比較してみた

上図はユーロドルの平均スプレッドを計測したものです。下の赤いバーがスプレッドですが、常に変動していることが分かりますね!

このようにFXにおいてスプレッドは常に一定ではありません。海外業者の多くはフローディングスプレッドを採用しており、経済指標や時間帯によってスプレッドは変化しますね。

正確に言えば相場のボラティリティに応じて変化するわけです。

 

では、一体どの時間帯がスプレッドが拡がりやすいのか?

 

拡がる時間をあらかじめ把握しておけば取引に役立てることができます。今回スプレッドの計測ツールを使って時間帯ごとのスプレッドの変化について調査しました。

海外FX3社でスプレッドを調べる

調査するFX会社


XM

AXIORY

Titan FX

1社より複数社を調べた方が信憑性が増すので今回は海外FXの3社、各社3通貨ペアにおけるスプレッドの変化を調べます。また、通貨ペアはドル円、ユーロドル、ポンドドルの3ペア。測定期間は1週間とします。

方法はVPSにMeta Trader 4を3台起動 → ツール使用で常に計測し続けるというか簡単な方法です!

尚、測定にはFX研究日記さんの「SpreadLogger1.1.0」「SpreadLoggerAnalyzer 1.1.0」を使わせていただきましたm(_ _)m

MT4でブローカーのスプレッドを調べる「SpreadLogger1.1.0」「SpreadLoggerAnalyzer 1.1.0」リリースのお知らせ(フリーソフト) | ソフトウェアエンジニアのまったりFX研究日記
SpreadLogger/SpreadLoggerAnalyzerとは? SpreadLoggerとはMT4のスプレッド情報をファイルに出力するMT4用インジケーターです。

時間帯別のスプレッドの拡がり

時間は日本時間のGMT+9、スプレッドは1分足の平均値、単位はpip表記で記載しています。

↓ドル円の時間帯別平均スプレッド↓

時間帯XMAXIORYTitan FX
0時~1.61.21.1
1時~1.61.31.1
2時~1.61.31.2
3時~1.61.31.5
4時~1.61.31.5
5時~1.61.31.5
6時~1.81.42.3
7時~3.52.62.5
8時~1.71.41.3
9時~1.61.31.2
10時~1.61.31.2
11時~1.61.31.2
12時~1.61.31.2
13時~1.61.31.2
14時~1.61.31.2
15時~1.61.31.2
16時~1.61.31.2
17時~1.61.21.2
18時~1.61.31.2
19時~1.61.21.2
20時~1.61.31.2
21時~1.61.31.2
22時~1.61.31.2
23時~1.61.21.2

↓ユーロドルの時間帯別平均スプレッド↓

時間帯XMAXIORYTitan FX
0時~1.81.11.1
1時~1.81.11.1
2時~1.81.11.1
3時~1.81.11.2
4時~1.81.11.3
5時~1.81.11.4
6時~1.91.21.7
7時~3.42.32.4
8時~1.91.31.3
9時~1.81.21.2
10時~1.81.11.2
11時~1.81.11.1
12時~1.81.11.1
13時~1.81.11.1
14時~1.81.11.1
15時~1.81.11.1
16時~1.81.11.1
17時~1.81.11.1
18時~1.81.11.1
19時~1.81.11.1
20時~1.81.11.1
21時~1.81.11.1
22時~1.81.11.1
23時~1.81.11.1

↓ポンドドルの時間帯別平均スプレッド↓

時間帯XMAXIORYTitan FX
0時~2.61.41.6
1時~2.61.41.6
2時~2.51.31.6
3時~2.51.31.6
4時~2.51.31.6
5時~2.51.32
6時~2.91.62.8
7時~8.45.46.2
8時~31.92.1
9時~2.81.71.9
10時~2.81.51.8
11時~2.61.51.8
12時~2.61.51.7
13時~2.61.41.7
14時~2.61.51.7
15時~2.71.51.7
16時~2.61.41.6
17時~2.61.31.6
18時~2.61.41.7
19時~2.61.41.6
20時~2.61.41.7
21時~2.61.41.7
22時~2.61.41.6
23時~2.51.41.6

最もスプレッドの開きが大きい時間帯

日本時間のAM7:00~8:00の間が最も大きいスプレッドになります!

これはFX会社や通貨ペアに限らず共通であるという結果がでていますね。どの業者も平均値の2倍前後のスプレッドになっており、取引には適さない時間帯です。

とは言っても早朝のこの時間帯は動きが単調になる時間帯です。場合によっては、スキャルピングをしたい方もいるかもしれません。また、月曜の窓埋めを早期に狙いたい場合もエントリーポイントになりえます。

スプレッド的には不利ですが、早朝の取引をしたい方はAXIORYやTitan FXのような低スプレッド業者で取引するのが良いかと思います。

最高のトレード環境!

深夜のNYタイムのスプレッドは?

FXの取引が最も活発になる時間帯が22:00~1:00あたりの時間帯ですね!

この時刻にはロンドン市場とNY市場、さらにはオプションカットも絡んでくるので相場が最も動きやすい時間帯です。

個人的にはこの時間帯に短期的なトレンドに乗るのが好きです^^

今回の調査においてこの時間帯は平均スプレッドに変動はないという結果がでています。

Titan FXのようにむしろ下げてくる(0.1pip)業者もありますが、総じていえば変動はないかと思います。

海外FXのスプレッド変化のまとめ

早朝の5時あたりからスプレッドが拡がり始める

7時~8時の間がピーク

欧州時間やNY時間など取引が活発な時間においてはスプレッドの拡がりなし

今回の調査で早朝の時間帯(特に7時~8時)においてはスプレッドの拡がりが大きく、他時間帯においては目立ったスプレッドの変化は見られませんでした。したがって、早朝のエントリーはできるだけ避けた方が無難かもしれません。

今回は平均スプレッドを計測したので、経済指標や要人発言による拡がりはあまり考慮されていません!実際のFXでは、このへんも注意しないといけませんね(´◦ω◦`)

The following two tabs change content below.
海外FX歴8年!海外FX取引ガイドでは、海外FXに焦点を当てて業者レビューやスペックの比較から海外製インジケーターやEAの紹介など、海外FXのアレコレについての記事を公開しています。
タイトルとURLをコピーしました