海外FXのレバレッジ規制とは?業者ごとに制限を比較してみた

海外FX業者を選ぶ際に、最大レバレッジを意識している人は多いです。

それもそのはず、レバレッジを気にせずにFXするならわざわざ海外業者を使うのではなく、国内業者を選べばいいだけですから・・

海外FXではレバレッジ100倍以上は当たり前の世界。

有名どころでXMなら888倍、Titan FXでは500倍です。

中にはFBSのように1,000倍超の業者も存在します。

しかし、このレバレッジですが常に一定の値というわけではなく、状況によって変化します。

これがレバレッジ規制というものです。

この仕組みをしっかり理解しておかないと取引の思わぬ落とし穴になりかねません!

海外FXで「レバレッジ規制がある理由は?」「レバレッジはどのような場合に変化するのか?」解説します。

レバレッジ規制がある理由は?

いくら海外業者だからといって

「資金1億円でレバレッジ500倍で取引していいですよ」

ってことはありません。

大当たりしたら利益が数千万という夢がある一方、一瞬で資金を溶かすリスクがあります。

これはあまりにもハイリスクハイリターンです。

そのようなハイリスクハイリターンな状況を抑制するために、海外業者では一般的にレバレッジ規制を実施して最大レバレッジを制限します。

これはトレーダーの資金保全という意味では、当然の措置だと思います。

例えばFBSでは口座残高2万円までは3,000倍のレバレッジで取引できますが、3百万円になれば500倍に抑えられます。

口座資金(万円)XMAxioryFBSLand-FX
0~28884003000500
2~20  〃2000
20~50  〃 〃1000〃 
50~200 〃 〃500〃 
200~300200
300~500200
500~1000200
1000~1500100300100
1500~2000100
2000~200

主要業者のスタンダード口座におけるレバレッジ規制の表です。

多くの業者でこのようなレバレッジ規制を行っているのです!

それでも国内業者のレバレッジ25倍に比べたらかなり大きいと言えますが・・

レバレッジ規制は口座残高に応じて実施されます。

レバレッジは当然、証拠金維持率に寄与します。そして、証拠金維持率はロスカットに影響します。

つまり、

レバレッジが変化するとポジション量によっては思わぬロスカットを招きます!

このような仕組みからレバレッジ規制を知らないと痛い目を見る可能性があるわけです。

とはいっても業者が一方的にレバレッジを制限するというわではなく、メールなどで事前に通知してくれる場合がほとんどです。

通知が来た場合は、ポジション量の調整などに気を付けてください。

Titan FXはレバレッジ規制がない!

唯一、Titan FXにはレバレッジ規制が設けられていません。

口座資金が200万を超えても最大レバレッジ500倍のまま取引ができちゃいます!

Titan FXはスキャルピング特化の業者ですが、レバレッジ変化がないため、スキャルピングで狙える金額を最大化できることで人気を集めています。

しかし、そんなTitanFXもレバレッジ規制を発動することがあります!

実はレバレッジ規制は口座残高だけでなく、ボラティリティによっても制限されることがあります。

代表的なものとして経済指標、大統領選、国民投票など、極端にボラティリティが上昇する局面です。

こちらも予期できる場合は、事前にメールなど「この時期はレバレッジ下げるよ~」と通知が来ます。

レバレッジ規制から海外FX業者を選ぶなら

スタンダード口座のレバレッジ制限を比較

業者XMFBSTitanFXAxioryLand-FX
レバレッジ8883000500400400

スタンダード口座は一般的な口座タイプです。

レバレッジはECN口座より大きいことが多く、海外FX業者なら必ずこのタイプの口座が設けられています。

比較表を見てわかる通り、最大レバレッジはFBSが圧倒的です。

ここからレバレッジ制限を考慮してグラフ化・・・

青色のTitan FXのみレバレッジ制限がないので一直線のグラフです。

他業者はほぼ変わらない位置、100~200倍に収束。

口座残高に応じた最大レバレッジを提供をしている業者は以下の通り

残高(万円)~50~100~200~500~1,000~2,0002000~
最大レバ1000888888500500500500
FX業者FBSXMXMTitanFXTitanFXTitanFXTitanFX
口座残高50万円までなら

FBSが最も大きいレバレッジを提供しています。3,000倍→1,000倍に落ちるまでの過程が早いので注意が必要。少額でレバレッジを掛けて利益が出たらこまめに出金というトレードスタイルに適しています。

200万円までなら

XMの888倍が最も大きいレバレッジになります。口座残高が200万円を超えたらレバレッジが200倍に一気に落ちるので、ポジション保有中の方は証拠金率に気を付ける必要があります。

500万円以上なら

Titan FXの500倍です。TitanFXはレバレッジ制限がないので、残高が億単位になっても500倍のままです。

上記はあくまで口座残高に応じたレバレッジ制限です。

別の要因によって制限されることもあります。

海外FXでは、複数口座が作れます。レバレッジの下落が嫌な人は別口座に資金を移動させたり、こまめに出金することで対処しましょう。

ECN口座のレバレッジ制限を比較

口座残高XMAxioryLand-FXTitanFX
0~200500400200500
200~500200400
500~1000400100
1000~2000100300
2000~200

スタンダード口座と比較してスプレッドが小さいのがECN口座です。

スキャルピングとかEAを使って多売買を繰り返すトレーダーによく使われる口座ですが、ECNにもレバレッジ規制はあります!

Titan FXはECN口座においてもレバレッジ制限がありません。

500倍のレバレッジが継続されます。

Axioryに関しても残高1,000万円までは、400倍を維持しています。

AXIORYとTitan FXはスキャルピングに特化した業者ですが、このような業者は口座残高に応じたレバレッジの低下がゆるやかな傾向があります。

ECN口座は上でも書いたようにスキャルピング向けの口座です。

他社比較でECN口座における環境はAXIORYTitan FXが優れているといえます。