AXIORYとTitanFXって結局どっちがいいの?【海外FX比較】

AXIORYとTitanFXの比較

海外FXでスキャルピングといえばAXIORYとTitanFXです!

AXIORYとTitanFXの共通点


①スプレッドが小さい
②ECN口座の手数料が安い
③約定力が強い

よく比較されるこの2社ですが、上記のような共通点があり、どちらもスキャルピング向けの環境といえますね。トレード環境も似ており甲乙つけがたい両社ですが、あえて選ぶならどちらがいいのか?

スプレッドや手数料、約定力などのスペックから比較してみました!

トレード環境で海外業者選ぶなら! /

スプレッドや手数料を比較

ペアAXIORY(STP)TitanFX(STP)AXIORY(ECN)TitanFX(ECN)
USD/JPY2.41.330.70.33
EUR/JPY2.71.741.30.74
GBP/JPY4.12.4531.45
AUD/JPY2.22.121.21.12
NZD/JPY2.52.622.11.62
EUR/USD1.31.20.30.2
GBP/USD2.81.571.90.57
AUD/USD1.71.520.60.52
NZD/USD1.81.861.40.86
EUR/GBP2.91.532.30.53
日経2251.20.881.20.76
ナスダック2.50.322.50.2
原油0.40.710.40.59

STPはスタンダード口座、ECNはECN口座です。スプレッド値は業者の公表値を掲載。

上表はあくまで公表値のため、トレード時はズレが生じる事があります。当サイトで計測した時はAXIORYは公表値より低めに、TitanFXは少し高めのスプレッドを記録しています。

とはいえ、スプレッドにおいてはTitanFXの方が勝っているのは間違いないでしょう。

ただし、ECN口座の手数料はAXIORY=3ドル/Lot、TitanFX=3.5ドル/LotとAXIORYが優位となるためコストの差はそこまでないものと思われます。

STP口座ならTitanFX、ECN口座ならコスト的な違いはないといったところしょうか。

\ TitanFXの詳細は! /

レバレッジを比較

AXIORYのレバレッジは400倍、TitanFXのレバレッジは500倍です!

また、AXIORYでは口座残高によってレバレッジに制限が設けられます。

★口座残高

  • 1,000万円まで → 400倍
  • 1,000~2,000万円まで → 300倍
  • 2,000万円超え → 200倍

一方のTitanFXでは、レバレッジ制限がありません。

口座残高にによらずレバレッジは500倍のままなので、資金に対するトレードの幅はTitanFXに軍配が上がります。

\ TitanFXの詳細は! /

約定力を比較

 AXIORY

平均値84ms、最大値156ms、最小値62ms。通信インフラ大手のエクイニクス社と提携。取引サーバーがニューヨークとロンドンにあり処理を高速化している。執行スピードのばらつきも少なく常に安定した約定が期待できる。リクオート率、約定スピードが開示されており、透明性のある取引を約束。

 TitanFX

平均値378ms、最大値4665ms、最小値280ms。AXIORY同様、エクイエニス社と提携しているが、NYデータセンターのみでAXIORYと比較してスピードは落ちる。海外業者の中では執行スピードは早い。

上記は当サイトで調査した内容に基づく数値です。

上の数値はMeta Traderによるものですが、AXIORYはcTrader対応のため、約定力をさらに強化する事もできます。注文の執行スピードはスリッページに直結するため、スプレッドと同様に重要な要素となります。

現状、約定力ならAXIORY一択といっても過言ではありません!

\ AXIORYの詳細は! /

他条件で比較

AXIORYTitanFX
最低入金額20,000円20,000円
資金管理分別管理分別管理
プラットフォームMT4,cTraderMT4/5,ZuluTrade
ボーナス不定期開催なし
通貨ペア数6157
CFD銘柄数1920
法人口座
イスラム口座×
取引制限なしなし
bitwallet×
サポート日本語日本語

こうしてみるとこの2社の違いはほとんどありませんね。

目立った違いはプラットフォームとbitwallet、ボーナスの有無でしょうか。

TitanFXはMT5に対応しており、AXIORYはcTraderに対応しています。これは好みですが、個人的にはcTraderの操作がしやすくて好きでう。ただ、MT5にしか使えないインジケーターやEAもたくさんあるので、甲乙はつけがたいですね…

bitwalletは海外FXではメジャーなオンラインウォレットです。入出金に便利なため、多くの業者で採用されておりTitanFXも例外ではありません。

残念ながらAXIORYは未対応ですが、SticPayや国内銀行送金に対応しているため入出金に苦労することはありません。

ボーナスに関しては両社とも基本的にはありません。TitanFXが一貫してキャンペーンを開催しないのに対して、AXIORYは不定期の入金ボーナスを提供する事があります。

【結論】AXIORYとTitanFXの比較まとめ

どちらも甲乙付けがたいですが、あえて選ばせてもらうとAXIORYです!

スキャルピングの要であるスプレッドは、TitanFXが有利でしたが、個人的にオススメしたいのがAXIORYです。

一番の理由は約定力です。

スキャルピングにおいては、1日に何十回も取引する為スプレッドだけでなくスリッページによる損失を考慮しなければなりません。この点においてAXIORYの方が優れており、取引の安定性から高評価としました。

ただし、スキャルピングトレーダーでなければあえてAXIORYにこだわる必要もなく、むしろTitanFXの低スプレッドを享受した方が有利かもしれません。

今回はあえて結論を出しましたが、両社ともトレード環境の優れた良業者です。環境重視ならこの2社のいずれかにしておけば、まず間違いありませんね!

トレード環境で海外業者選ぶなら! /

The following two tabs change content below.
海外FX歴8年!海外FX取引ガイドでは、海外FXに焦点を当てて業者レビューやスペックの比較から海外製インジケーターやEAの紹介など、海外FXのアレコレについての記事を公開しています。
タイトルとURLをコピーしました