cTraderとMT4を比較 どっちを選べばいいのか?

FXのプラットフォームは長らくMT4が最高のツールとして君臨しています。

2005年に誕生して以来、10年以上もトップシェアを記録。2011年にはMT5が公開されるもののいまだにMT4を利用しているトレーダーが多い。

MT5と同時期にもう1つ先進的なプラットフォームが誕生しました。

それがcTraderです。

美しいグラフィカルユーザーインターフェイス、メタトレーダーにはない透明性のある取引を実現できるプラットフォームで、一部のユーザーからはMT4以上の評価を得ています。

特徴は以下の通り

・美しく直感的なGUI

・高い透明性

・高い約定力

・スリッページを抑える

実際に使ってみると分かりますが、cTraderはとても美しく直感的に使える設計がなされています。MT4がWindowsだとしたらcTraderはMacです。

cTraderはDMA(ダイレクトマーケットアクセス)です。ブローカーを経由せず直接インターバンク市場にアクセスします。

結果として低スプレッド、約定力の向上に大きく寄与します

MT4に比べて導入している業者が少ないのが難点です。

主な導入業者はAXIORY、FXPRO、IC Markets

AXIORYでcTraderのデモ口座を簡単に作成することができます。

cTraderとMT4の比較

cTraderとMT4、いずれも優秀なプラットフォームですがいくつか違いがあります。

約定力

cTraderはDMAです。ブローカーを経由せず直接市場にアクセスします。MT4にはこれができません。

取引スピードの向上、スリッページ低下に繋がるため約定力はcTraderの方が優位です。

上の画像は同時にスキャルピングしたときの比較。上MT4では差益0.2-手数料0.44=0.24pipsのマイナス。下cTraderでは差益0.6-手数料0.44=0.16pipsのプラス。

スリッページを低く抑えられるためcTraderの方が利益が大きくなっています。

特に1日に数十回も売買を繰り返すスキャルピングトレーダーならスリッページは収益に直結する要素です。

cTraderなら利益を最大化できます。

透明性

cTraderでは板情報を見る事ができます。どの価格にどれくらいの注文量が入っているか一目で分かります。

板情報に表示されている価格はVWAP(加重平均価格)です。市場に出されている注文の中から最適な『価格と注文量』を提示してくれます。

MT4では大口の注文ほど約定されにくいのに対して、cTraderはしっかり約定されます。

FXの売買は元を辿ればオークション形式です。MT4は売買情報(板)がブラックボックスです。大口注文ほど不利になります。

板情報さえみれば注文量に応じた約定レートが把握できるのでスプレッドが事前に分かります。MT4以上に効率的な取引が可能です。

また、注文量を開示=嘘偽りのない証拠に繋がります。

そのためcTraderは完全な透明性を実現しているといえます。

インターフェイス

cTraderはビジュアルがとにかく綺麗です。より直感的に使いやすいのはcTraderです。

ただし、要求されるパソコンのスペックが高く、古いパソコンを使っていると重く感じることがあります。

EAとcBot

MT4で言うところのEAをcBotといいます。MT4は豊富なEAがあるのに対して、cTraderは貧弱。

EAがMQL4と比較的容易に作成できるのに対して、cBotはC#で作成されます。プログラム構築も難易度が高く、ネットにも多くは出回っていません。

AXIORY公式で配布されている「AXIORY cAlgo Editor」を使えばオリジナルテクニカル指標の作成、自動売買プログラムの作成が個人で行えます。

バックテスト機能も搭載されています。

難易度は高いですが、興味のある方は利用してみてください。

AXIORY cAlgo Editor

対応デバイス

cTraderはありとあらゆるデバイスに対応。Windows、MacはもちろんLinuxにも対応。スマホも全てカバーしています。

 

windowsPC


Mac iOS


LinuxOS


ブラウザ


iPad iPhone


Android
cTrader for Windows

×××××
cTrader Web
cTrader for iOS××××
cTrader for Android×××××
cAlgo Editor×××××

さらにはHTML5を完全カバー。ブラウザベースでいつでも取引ができます。

『自宅PCのソフトウェアから』、『スマホやタブレットのアプリから』、『あらゆるブラウザから』、取引スタイルをいつでも自由に選べます。

MT4はモバイルブラウザには対応していません。

cTrader IDの作成

cTraderへのログインは以前は開設時の口座番号とパスワードで行うことができました。

現在は仕様が変わっており、cTrader IDの作成が必要になりました。

業者が発行した番号で管理するのではなく、cTrader IDでトレーダーを管理する方式になったということです。

ID管理に移行する事で複数ブローカーのcTraderを持っている場合、一度のログインですべてのアカウントにアクセスが可能になっています。

公式サイトからcTraderをダウンロードできます。

ダウンロードリンク

cTraderを初めて起動するとブラウザにcTrader IDの作成画面が立ち上がります。

Sign Upにしてメールアドレスとパスワードを設定→入力したメールアドレスでリンクを認証します。

再びcTraderを起動して『Log In』から上記のメルアドとパスワードを設定してログインします。

作成したcTrader IDにアカウントを紐づけします。

上メニューのcTrader→Sign InからAXIORYで口座開設時に送られてきたログインIDとパスワードを入力します。

以上でログインは完了です!

cTraderの基本的な使い方

基本構成はMT4と似ています。サイドに通貨ペア一覧が並び下にターミナル(注文履歴など)

チャートは自由に分割できます。

MT4同様にチャート上にクイック注文の窓がくっついています。注文単位にKがついていますが、1Kは1000通貨の事ですね。

MT4では最小値動きの単位にポイントが使われていますが、cTraderではpipが使われます。

1pip=10ポイント

1pipの動きに対する損益、手数料、証拠金などは注文前に確認できます。(手数料はECN口座のみ発生)

画面左から通貨ペアやCFD商品が確認できます。『Watchlists』に入れることでユーザー独自の監視リストが作れます。『cBots』で標準搭載されているプログラムを使用できます。

通貨ペアをダブルクリックから注文画面が開きます。

注文方法は成行、指値、逆指値、指値つきストップ注文の4種類。損切り・利確のオーダーも同時に出せます。注文後にオーダーの変更もできます。

この辺はMT4と同じですね。

画面右端には各種ツールがズラーッと並んでいます。チャートのスナップショットを撮影したり、矢印や方形などの図形の配置、トレンドラインやフィボナッチを描くこともできます。

フリーチャートモードを使えば自分で自由にチャートを配置できます。複数ペアを監視するときに便利です。

MT4では時間設定ができませんが、cTraderでは簡単にできます。日本時間のUTC+9に設定しておきます。

チャート上で右クリックからインジケーターを追加できます。移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどの主要なものは一通り揃っています。

cTraderの使い方について詳細は以下リンクを参考

cTraderに最も適した業者

  • 安定した約手力
  • DMAでマーケットに直接アクセス
  • 大口注文に有利

以上のメリットからcTraderはスキャルピングに最も適したプラットフォームといえます。

レバレッジを効かせて高速売買するための好条件が全て揃っています。

中でも海外業者のECN口座との相性は抜群。

低スプレッド、少ない手数料、安定した約定力

以上の条件を満たす業者としてAXIORYをオススメします。

AXIORYは、独自の通信網で約定スピード平均84ms(当サイト調べ)

ECN口座の手数料も3ドル/lotと他業者と比較して圧倒的に条件が良いのが特徴。

cTraderを採用している数少ない業者でもあります。

AXIORYでは、cTraderのデモ口座も提供されています。MT4と使い比べてみてください。

ここが凄い!AXIORYのMT4

今回はcTraderの紹介でしたが、AXIORYのMT4は他社にはない特徴があります。

それが

板情報が見れる!

ということです。

cTraderやMT5では標準搭載されていますが、MT4はシステム上、板情報は見ることができません。

AXIORYは独自EAを開発しており、自社の取引に関してのみ板情報を開示しております。

AXIORYの独自EA、「板情報表示エクステンション(ワンクリック決済機能付き)」は公式サイトで無料ダウンロード・使用することができます。