【比較】cTraderとMT4はどちらが使いやすいのか?

FXのプラットフォームはMT4やMT5といったメタトレーダーが圧倒的なシェアを持っています。

MT4が誕生したのは2005年なので、実に10年以上もFX界のトップに君臨しつづけている事になりますね(゚ロ゚;)

2011年にMT5が誕生しましたが、いまだにMT4が優位です。MT5と同時期にもう1つ先進的なプラットフォームが誕生しました。

それがcTraderです。

使いやすいGUI、DMAによる高い透明性、強い約定力などの特徴があり、一部のユーザーからMT4以上の評価を受けています。

では、

 

cTraderとMT4はどちらが良いのか?

 

約定力や取引システムなど、両プラットフォームの違いを比較してみました。

cTraderとMT4の比較

cTraderとMT4、いずれも優秀なプラットフォームですがいくつか違いがあります。

MT4は多くのFX会社で採用されているプラットフォームです。海外FXで使えないところがないぐらいFXでは当たり前のプラットフォームです。

一方のcTraderは、まだまだシェアが弱いのが正直なところ!

MT4ブローカーが1,000以上もあるのに対してcTraderは12の会社しかないと言われています。海外FXで使えるところはAXIORYやFXPRO、IC Markets、TradeViewといった会社ですね。

しかし

 

シェアが低くても機能は劣りません!!

 

あえてcTraderを使うトレーダーがたくさんいます。それはなぜなのか?

↓↓これからMT4との比較を見ていきましょう↓↓

約定力の強さがcTraderのメリット!

個人的に思うcTraderの強みは約定力だと思います。

cTraderはダイレクトマーケティングアクセス(DMA)のため、市場に直接アクセスできます。

MT4のようにブローカーにアクセス → 銀行にマッチングして貰うのではなく、直で市場に入れるのです。

これの何が凄いかというと、余計なサーバーを経由しないため、レイテンシー(通信遅延)の低減につながり結果として約定力が向上します!!

約定力が向上するという事はスリッページを抑えることができますよね?

これは高速売買するスキャルピングには大きなメリットになります。

上画像はMT4(上)とcTrader(下)で同時に売買したときの比較。

MT4では

 

差益 0.2pips – 手数料 0.44pips = 0.24pipsのマイナス。

 

cTraderでは

 

差益 0.6pips – 手数料 0.44pips = 0.16pipsのプラス。

 

MT4とcTraderで0.4pipsも約定に差があり、MT4では損失となる売買がcTraderでは利益になっているのが分かると思います。

これはスリッページを抑えられるからこそできた事です。

1回のトレードでは微々たる差に見えますが、小さいpipsを積み上げるスキャルピングでは非常に重要なことです。

仮に1年間で1,000回売買行ったとすると、400pipsの差になります。ドル円でいえば400pipsは4円相当ですね。

平均取引枚数を1Lot(10万通貨)とすると4円の値幅は40万円・・・1年間でこれだけ収支に違いがでる計算です。

これらの理由から「スキャルピングにはcTrader」となるわけです。

cTraderが信頼できる理由

上図は板情報と呼ばれるもので、価格はVWAP(加重平均価格)が表示され、その価格の取引ボリュームが一目で分かります。

VWAPは市場の約定価格そのものなので、「市場の売買を板を通して見ている」とも表現できます。

FXの売買は元を辿ればオークション形式です。MT4は売買情報(板)がブラックボックスなのに対してcTraderはオープンになっています。

大口注文でもしっかり約定するのがcTraderのメリットでもあります。

この板情報、MT5でも見る事ができます。

それなら「MT5の方がいいんじゃないか?」と思われますが、実はMT5の場合、見れる場合と見れない場合があります。これは、FX会社や口座タイプがNDDであるか否かによります。

cTraderはDMAが標準仕様となっているため、板情報は必ず参照できます。

板情報の開示は第三者が介入しないため、言ってみれば「透明性の証明」です。cTraderが信頼できるとはそういった点によるものです。

インターフェイスなどの使いやすさは?

好みは人それぞれですが、個人的にはGUIはcTrader > MT4/5です!

cTraderはとにかくビジュアルが綺麗で、操作していても滑らかに動くため操作性が良く感じます。

中でもワンクリックトレードのスピード感は素晴らしいものがあります!

ワンクリックトレードの窓です。このへんはMT4と似ていますが、下のバーは価格予想バーです。赤が下落、緑が上昇を表しており、価格予測に使えます。

必要証拠金や手数料(ECN口座の場合)が一目で分かる親切設計もありがたい。

設定から注文時の許容スリッページ、損切、利食いを最初から設定しておく事ができます。成行(市場)だけでなく指値・逆指値注文においても同様の設定ができます。

これはMT4にはない機能です。

こういう細かい設定はスキャルピング時に役に立ちますね!

EAとcBot 自動売買するならMT4しかない!!

MT4で言うところのEAをcBotといいます。MT4は豊富なEAがあるのに対して、cTraderは貧弱。

EAはMQL4、cBotはC#で作成されます。MQL4は扱いが比較的容易でMQL4が分からなくてもEAを作成できるツールが出回っているぐらいです。一方のcBotはプログラミングの敷居が高く、cTraderのシェアからしてまだまだ少ないのが現状です。

実はcTraderが最も苦手としているのが自動売買です。これは機能というよりはソフトウェアの問題ですが・・

自動売買するなら

 

MT4 > MT5 >>> cTrader

 

これぐらい差があります(-。-;)

cTraderにはバックテスト機能が標準で搭載されているのため、cBotの実践投入前にシュミレーションが可能です。

また、こちらも標準搭載の「cTrader Automate」によって自動売買botを作成できます。難易度は高いですが、興味のある方は利用してみてください!

cTraderの対応デバイス

cTraderはありとあらゆるデバイスに対応。Windows、MacはもちろんLinuxにも対応。スマホも全てカバーしています。

 

windowsPC


Mac iOS


LinuxOS


ブラウザ


iPad iPhone


Android
cTrader for Windows

×××××
cTrader Web
cTrader for iOS××××
cTrader for Android×××××
cAlgo Editor×××××

HTML5も完全カバーしているため、ブラウザベースでいつでも取引ができます。

これに関してはMT4/5も同様ですので、対応デバイスの差はありません。

cTraderが使えるオススメ業者は?

  • 安定した約手力
  • DMAで市場に直接アクセス
  • 大口注文に有利

以上の理由からcTraderはスキャルピングに最も適したプラットフォームといえます。

中でも海外FXのECN口座との相性は抜群です!

ECN口座はスキャルピングのための口座タイプですが、ECN口座 + cTraderで最もオススメなのがAXIORYです!

元々スプレッドの小さい会社であり、ECNの手数料は3ドル/Lotと他社と比較してもかなりの安さです。

約定力が強く、当サイト調べでレイテンシー平均84msと、最も早い通信を記録しました。

AXIORYでは、cTraderのデモ口座も提供されています。MT4と使い比べてみてください。

ここが凄い!AXIORYのMT4

板情報はcTrader、場合によってはMT5でも参照することができますが、MT4では見ることができません。

海外業者のAXIORYはMT4でも板情報を参照できる独自EAを開発し、ユーザーに配布しています。

これが実現できたのはAXIORYがNDDのブローカーであるからです。

EA「板情報表示エクステンション(ワンクリック決済機能付き)」は公式サイトにて無料でダウンロードすることができます。

The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」
タイトルとURLをコピーしました