VPSサーバーが無料で使えるオススメFX業者

VPSとは、仮想専用サーバーのこと。1台の物理的なサーバー上に仮想的なサーバーを何台も設置しています。

ユーザーはまるで1台のサーバーを自分専用にしているかのように自由に使えます。さらには従来の物理的な専用サーバーより安い価格で使用することができます。

専門的な事は置いておいて・・このVPSをFXで使うと何か良いことでもあるのだろうか?

あります。

VPS上にMT4/5をインストールすることができます。そしてサーバーは24時間稼働しています。

もうお分かりかと思いますが、VPSを使用すればMT4/5を24時間365日稼働させ続けることができるのです!

EAを使った自動取引をするのであれば、以上の環境は絶対に手に入れておきたいところです。

しかしながら、VPSは月々2000~3000円程の費用が掛かるものがほとんどです・・何とか無料で使えないものか?

そこでFX業者が提供しているVPSを利用します!

FX業者のVPSは無料で使えるだけでなく、トレードを行う上で様々なメリットがあります。今回は無料でVPSが使える業者一覧とそのメリットを解説いたします。

VPSを使うメリット

自宅環境と比較してみるとVPSのメリットは明らかです。

停電などの環境トラブル

自宅PCとVPSでは安定稼働率が違います。万が一の停電や地震などのトラブルが発生してもVPSは稼働し続けます。停電時には非常用電源が供えられているためトレードの機会損失を作りません。

コスト

自宅PCを24時間稼働させ続けるのは、電気代といった金銭的にも痛手です。無料VPSなら金銭は一切掛かりません。また、PCを稼働させ続けるのは発火の恐れもあり様々なリスクを含んでいます。

通信速度

自宅環境の通信網には無駄が多い。例えばWi-Fi機器の数が増えるだけで通信速度が遅くなり、結果としてレイテンシーの増加(約定速度の低下)に繋がります。VPSならそのような心配はありません。

物理的距離

海外FX業者のデータセンターは当然海外にあるため、物理的距離が遠い=レイテンシー悪化につながります。VPSはデータセンター近くに配置されている事が多く、約定速度の大幅向上が期待できます。

XM

人気海外ブローカーXMはVPSの提供もしています。

XMのVPSは配置場所がロンドンのデータセンターから1.5kmの近接位置にあり、約定力の大幅向上が期待できます。

取引制限がないため、どのようなEAも自由に使えます。

サーバーのスペックは1.5GB RAM、 20GBのハードドライブ容量、600MHzの安定したCPU電源。サーバーはWindows 2012。

条件を満たすことで無料で利用可能。尚、有料で使う場合は毎月28ドルの費用がかかります。

条件①

5,000ドル以上の口座残高(日本円なら相当額)

条件②

毎月の取引量5Lot(往復)

取引口座開設後、マイページより申請します。

FBS

FBSはレバレッジ3000倍のハイレバ業者です。取引制限もないのでEAを使った高速売買も可能です。

VPSを無料で使うことができます。口座残高の条件がないため、XMに比べて敷居は低い印象。有料で使う場合の料金は月33ドル。

条件①

口座開設後に450ドル以上の1回の入金→1ヶ月無料

条件②

2ヶ月目以降は「前月の取引量3Lot以上」の取引条件を満たす必要があります。ただしECN口座の取引、ビットコイン(BTC/USD)は条件の取引量に加算されません。

口座開設後、マイページの『サーバーを設定する』から設定

Traders Trust

Traders TrustのVPSは機能によって3種類のサーバーがあります。高機能なVPSほど無料利用の条件が厳しくなっています。

巨大インフラ企業のEquinix社と相互接続。取引スピードが大幅に上昇するため、EAに限らず利用するメリットがあります。

サーバーはニューヨークまたはロンドンのいずれかから選択できます。

Linuxサーバーも使えますが、Wineを導入する必要があるのと、場合によってはEAの機能の全てを使う事ができません。Windowsサーバーと比較して敷居が高いため、Windowsサーバーを使う方が無難です。

 ブロンズシルバーゴールド
OSwindows 2012/2016 LINUXwindows 2012/2016 LINUXwindows 2012/2016 LINUX
スペック1300 MB RAM | 1 VCPU2700 MB RAM | 2 VCPU5120 MB RAM | 4 VCPU
HDD25 GB 50GB75GB
条件1(口座残高)2000ドル3000ドル5000ドル
条件2(取引Lot/月)往復5Lot往復7Lot往復10Lot

口座開設後に以下ページからVPSの申請を行います。

VPS申請