XMの無料ウェビナーに参加してみた感想

ウェビナーとは

インターネット上で受講できるセミナーのこと。オンラインセミナー、Webセミナーともいう。リアルタイム配信と録画配信があり、リアルタイムでは話を聴くだけでなく質問したり、挙手するなど積極的に参加することもできる。

XMのウェビナーは、FX関連のウェビナーの中でも評判が良く、かつ無料で受講できるウェビナーです。

実施頻度は講師のスケジュール次第ですが、現在のところ月4回、1週間に1回のペースで実施されています。

配信は全てリアルタイムで日本時間の21時に配信されることがほとんどです。

テーマも毎回様々!

過去のウェビナー内容

  • フィボナッチの話を信じますか?
  • 一発ドカンと痛い目にあった人のトレード矯正
  • 交換レートの推移を表すローソク足
  • ローソク足で見る市場参加者の心理 最強の和製テクニカル指標
  • 環境認識とトレードシナリオ

などなど毎回異なるテーマを1時間かけてじっくり解説してくれます。また、テーマが被ることもありますが、すべての回がライブ配信のため主題が同じでも中身は異なっています。

尚、講師は1回目からすべて秋又龍志氏が担当しています。

参加方法

参加は予約制です。

定員は決まっていないみたいなので申請すれば間違いなく参加できます。

参加するにはXMのセミナーページから申請します。

セミナーページ

『こちらより登録』に情報入力→登録したアドレスに専用リンクが記載されたメールが届きます。

クリックするとライブ視聴ソフト「Go To Webinar」が起動します。開始時刻の5分程前からログインできるようです。

ウェビナーはライブ配信です。現在のチャートを参考に解説したり、MT4を使いながら進行することもありますので、事前にMT4を準備しておきましょう!

XMだとデモ口座の登録(およそ3分)ですぐにMT4を使うことができます。まだ未導入の方はXMの公式にアクセスしてインストールしておきます。

XM公式

ウェビナーに参加した感想

今回参加したのは「単発ポジションよりもゾーンポジション」という主題のウェビナーです。講師は秋又龍志氏。

21時ちょっと前にログインして時間ぴったりにウェビナーがスタート。

前置きや自己紹介はなしにいきなり話に入っていきます。最初に主題の前提となる話、主にゼロサムゲームについて話をされています。

その後、今回のテーマについて「散弾銃とライフル銃」や「一本釣りと網漁」などを例にポジションエントリーについて解説。

要は特定の一のエントリーを狙うのではなく、複数のポジションを持つことのメリットを説いています。

例が分かりやすく、イメージしやすいモノで例えてくれるため初心者の方でも理解できるのではないでしょうか。

ナンピンやトラリピをタブーとして解説しているサイトや本はたくさんあります。

この風潮に対して講師の秋又氏曰く、

「タブーとするのは可能性にフタをしてしまうのと同義」

「冷静に資金管理できる人が理屈に従って実行できるのなら手法になりうる」

「タブーはなくすべては個人の力量次第」

という話をされていました。

割とメンタルコントロール(自己管理)に関する話にも触れていましたね・・・

管理人自身もナンピンには割と否定的だったため話を聞いてなるほどと思うポイントが多くありました。

人の話を聞くのはトレードのヒントや発見につながるのでなかなか新鮮です。

実際のエントリー方法も図やパターンに応じて色々説明されます。

上図は押し目ポイントでの主題に合わせたエントリーの仕方です。

Aの状況ならB、Cの状況ならD・・・といった風に具体的にかつ筋道を立てながら説明されるため分かりやすいです。

ここらへんは実際にすぐに使えるテクニックになるかと思います。

乖離難平エントリーという講師独自のエントリーについてのノウハウも教えてもらえます。

損益分岐点を把握したエントリー方法では、実際にエクセルで数字を確認しながら説明をされていました。

ある程度の話の区切りごとに内容をレジュメでまとめてくれます。

大学の講義みたいです・・

講師の話はかなり分かりやすく話をしてくれます。XM主催のウェビナーなので業者の宣伝も入ると思いきや、ずーっと理論の話ばかりでしたw

秋又氏自身がプロトレーダーであるため、メンタル面の重要性を頻繁に説いている印象でした。

貴重な体験談なども聞けます。

セミナーの終わり10分ぐらいは質問コーナーです。

質問をいくつかピックアップして答えてくれるため、聞いていて分からないことや疑問があったらドンドンぶつけていけます。

講義時間はおよそ1時間でした。

ウェビナー終了後、登録したメールアドレスに使われた資料をpdfファイルとしてもらえます。

忘れてしまったところを終了後にもう一度読み返せます。地味にうれしいところです。

XM以外にもウェビナー開催しているところはあるの?

今回はXMのウェビナーについて紹介しました。

ところで「XM以外にもウェビナーを開催している業者はないのか?」と疑問に思った方もいるかと思います。

答えだけ言うとYESです。

しかし、残念ながらすべて英語でのウェビナーとなっており、敷居が高い印象です。

現在のところ日本語ウェビナーを開催している海外業者はXMだけとなっています。