ストップレベルのないFX業者の方が有利にトレードできる

ストップレベルとは?

ストップレベルとは、指値や逆指値といった予約注文時に現在レートから最低限離さないといけない値幅の事をいいます。

例えばドル円の現在レートが110.55円でストップレベルが4pipであれば、110.59円以上もしくは110.51円以下で予約注文をしないと注文が通りません!

業者によってはストップレベルを設けているところがあります。

ストップレベルによって、思った通りのトレードができないなど様々な弊害がでてくる可能性があります。

ストップレベルのデメリット

ストップレベルはデメリットはあってもメリットはありません。

1日以上ポジションを保有するようなスイングトレードならさほど問題になることはありません。

しかし、デイトレードやスキャルピングのように小さい値幅を狙う取引だと大きなデメリットになりえます。

例えばスキャルピングなら数pip~の値幅を狙うのが一般的ですが、ストップレベルが10pipなどに設定されていたら思うように利確ができませんし、損切もできません。

もちろん成行ではストップレベルの影響を受けることはありませんが、リスクを抑えるために損切の設定は一般的かと思います。

さらには利益を伸ばしていくトレール注文の使い方も限定的になっていまいます・・

また、EAを使った自動売買、特に売買をリピートするようなEAは新規建玉と同時に予約注文を同時に入れることが多いです。

この時にストップレベルがあると、限定的な使い方しかできずEAの性能を最大限生かすことができません。

したがって、システムトレードを組むトレーダーはストップレベルは絶対に避けて通りたいところです。

ストップレベルの確認方法

ストップレベルの確認は各業者のホームページでも確認できますが、MT4から直接確認することもできます。

上画像のように通貨ペアを右クリック→仕様を開くとストップレベルが記載されています。

海外ブローカーの場合、ポイント表記が主なので上画像でいうストップレベル50は50ポイント、つまり5pipを意味しています

MT5も同様に仕様からストップレベルを確認することができますね。

ストップレベルのない海外FX業者

前述したようにスイングトレードならそれほど問題視する必要はありません。

しかし短期売買を繰り返したり、EAを使うならストップレベルのない業者を使うことをオススメします。

約定力ならAXIORY

レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
4001.3(USD/JPY)なし20,000円非対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4,
cTrader
日本語なし分別管理★★★★★ベリーズ

AXIORYのストップレベルは全ての通貨においてゼロです。

AXIORYはスキャルピングに特化したブローカーでMetaTraderだけでなくcTraderを採用しており、約定力は海外ブローカーの中でNo1(当サイト調べ)

取引制限がなくEAの仕様も可能ですので、VPS経由でシストレも利用できます。

スキャルピングならTitanFX

レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
5001.33(USD/JPY)なし20,000円非対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4日本語なし分別管理★★★★ニュージーランド

AXIORY同様にスキャルピング向けのブローカーです。

これまた同様に全ての通貨ペアにおいてストップレベルはゼロです。

約定力はAXIORYに劣るものの、スプレッドはかなり小さめに設定されています。

また、国内大手のVPS「お名前.comデスクトップクラウド」と提携しており、TitanFX経由で申し込むことで、TitanFX仕様のVPSを利用できる。

EA等による取引制限もありません。

EAならTraders Trust

レバレッジスプレッドボーナス最低入金額仮想通貨取引制限
5001.6(USD/JPY)あり5,000円対応なし
プラットフォームサポート追証資金管理評判本社
MT4日本語なし分別管理★★★★キプロス

Traders Trustもストップレベルは完全ゼロとなっています。

このブローカーの最大の特徴はVPSを自前で持っていることです。

自前VPSは海外サーバーであるため、通信のレイテンシーが大きく改善されており、約定力の向上につながります。

スペックの異なるサーバーが3種類用意されています。

全て有料ですが、口座残高と月ごとの取引量によっては無料レンタルすることもできます。

本気で自動売買を考えるなら利用してみる価値は十分にあります。