bitwalletで海外FXの入出金ルートを1本化しよう!

海外FX業者は複数の入金、出金方法を用意してくれています。

一般的なのは銀行送金とクレジットカードです。

ここで問題なのが、クレジットカードで入金したら出金もクレジットカードでなければなりません。これを出金優先制度といいます。

クレジットカードの現金化などマネーロンダリングを防ぐ目的の制度ですが、多くの海外業者ではこのシステムが当たり前になっています。

クレカ入金した分を全て出金処理した後にようやく銀行送金で出金できるようになります。

実はこの出金優先制度はビットコイン入金など他の入金にも順位が割り当てられており、複数の手段で入金しているとお金の流れが分かりづらくなってきます。

このような問題を解決してくれるのがbitwalletです。

※2018年9月10日にmybitwalletからbitwalletに名称変更になりました

海外FXブローカーとの間にbitwalletをワンクッション挟むだけで入出金の流れを鮮明にできますし、口座の維持手数料も無料!

ここではbitwalletについて詳しく見ていきます。

bitwalletって何?

仕組みは簡単です。いわゆるE-walletというやつで、ネットバンクの簡易版だと思っていただければ良いかと思います。

ネット上でお金を貯めておける財布のようなものです。

ユーザーがbitwalletへ入金する事でお金をプール。提携しているところならどこへでも送金が可能。

一般的に使われるのは海外FX業者との入出金です。

bitwalletの取引先(上画像)を見てもらえれば分かる通り、メガバンクが名を連ね、クレジットカードの各会社の名前もあります。

各ブローカーに直接入金する場合、VISA以外だと入金できないケースがあります。

bitwallet経由ならVISA以外のカードが使えます。

このへんも大きなメリットの1つですね。

使い方や入出金レビューについては以下を参照

bitwalletを使うメリット

ポイント入出金を一元管理
複数のブローカーが採用
VISA以外のカードが利用できる
反映が即時
手数料が安い

それぞれのメリットを見ていこう

入出金一元管理

冒頭で紹介したようにbitwalletのみで入出金を行えば海外ブローカーの優先出金制度は実質的には関係なくなる。お金の流れはbitwallet⇔海外ブローカーだけなので管理しやすくなります。

複数のブローカーが採用

bitwalletは複数のFXブローカーに採用されています。採用している業者は以下の通り。

海外ブローカー 概要 詳細
XM 海外大手ブローカー。レバレッジ最大888倍 リンク
TitanFX スキャルピングに特化したブローカー リンク
FBS レバレッジ最大3000倍。アジア中心に活動 リンク
Tradeview 多彩な取引に対応したブローカー リンク

海外FXのトレーダーは複数の業者を利用している人が多い。

それぞれのブローカーでの入金手段がバラバラだと分かりにくいことこの上ない。bitwalletを使えば入金元を一元化できますね。

VISA以外のクレカが利用できる

管理人が使う理由はこれです。多くの業者でクレジットカード決済に対応しているが、使えるブランドはVISAのみのケースが非常に多い。bitwalletはマスターカードやJCBといったカードに対応している。

VISA以外のクレカ入金 → bitwallet → 海外ブローカー

マスターカードやJCBで間接的に入金ができるようになりますね。

反映が即時

これも大きなメリット。銀行送金で入金する場合、1時間程度は時間が掛かります。ビットコイン入金でも同様ですね。

bitwalletを使った入金だと反映は即時です!

さらに出金の際も業者から直で銀行送金すると必然的に海外送金になり、1週間程度の時間を要することも・・

bitwalletなら最短2営業日で着金するため出金の反映も早い。

手数料が安い

入金手数料はともかくとして・・出金手数料はかなり安いです。以下がbitwalletの入出金手数料

入金方法手数料出金方法手数料
銀行送金0.5%銀行送金824円
クレカ入金(Visa/MasterCard/JCB)4%
クレカ入金(American Express/ Discover/ Diners)5%

入金手数料は銀行送金が0.5%となっていますが、現在無料キャンペーン中です。(ただし銀行によっては振込手数料が発生するので各自確認が必要)

特筆すべき点は出金手数料の安さ。

1回の出金につき一律824円のみ。出金の限度額もなし。例えば海外FXで大きな利益を出したときは必然的に銀行送金による出金になります。

海外ブローカー → 国内銀行だとおよそ2,000円~4,000円ほどの手数料が発生

海外ブローカー → bitwallet → 国内銀行だと824円

出金がいかに安くで済むかお分かりいただけたでしょうか?

ちなみに海外ブローカー→bitwallet間はほとんどの業者で無料となっている。

bitwalletからの出金は原則、銀行送金になります。

ただし、クレジットカードを使ってbitwalletへの入金履歴がある場合は、クレジットカードに優先的に返金されます。マネロン防止のためこのへんは仕方ないですね。

出金はbitwalletが圧倒的に安い!

bitwalletの最大の特徴は出金手数料の安さです。

出金額に関係なく一律824円で出金できるため、FX業者のどの出金手段より安くで出金ができます。

例えばXMという業者の出金方法は海外銀行送金、SticPay、bitwalletの3種類です。

海外銀行送金 → 2,000円~4,000円

SticPay → 800円+出金額の1.5%

bitwallet一律824円

bitwalletの方が圧倒的に安くすみます。

また、bitwalletにはアカウントランクが存在し、利用すればするほど出金手数料が安くなっていく仕組みがあり、出金手数料を最大412円にまで下げる事が可能となっています。

bitwalletでウォレット作成

全て日本語に対応しているので説明の必要がないほど簡単です。

まずは公式サイトにアクセス。

公式サイト

登録画面にアクセスして国、メルアド、パスの設定後、個人用アカウントにチェック!

登録したメルアドに認証メールが届くのでクリックする。以下の個人情報入力画面に移動するので全て入力。

なお、電話番号の入力は国番号を付与する必要があります。日本だと81です。市外局番の最初の数字を除き81を足して入力します。

例 09012345678なら819012345678

必要事項が全て完了したら口座開設終わりです。

bitwalletにはアカウントレベルがあり、レベルに応じてサービスの内容が異なります。

トライアルベーシックプロアンリミテッド
入金
クレジットカード3002500050000
Apple Pay×
指定銀行(みずほ銀行)
仮想通貨×
出金
銀行送金×〇(25%オフ)〇(50%オフ)
仮想通貨×〇(25%オフ)〇(50%オフ)
その他
ユーザー間の送金・送付(手数料一律100円)×
両替

金額の単位は全てドルです。

アカウントレベルをベーシックに上げないと出金できないので注意してください。

ベーシックにするには本人確認と現住所確認が必要です。

メニューの設定→アップロードから必要書類をアップロードできます。

必要な証明書は身分証明書と住所証明書、セルフィーIDの3つ。(2018年1月からセルフィーIDも必要になりました)

証明書が承認され次第、出金手続きが可能になります。

最低でもベーシックへの設定は忘れずにやっておきましょう!

bitwallet対応のオススメブローカー!
評価
レバレッジ 888倍
ボーナス あり
サポート 日本語

XM 初心者にオススメのブローカー

最大レバレッジ888倍、追証なし、豊富なボーナス。海外FXの中で最も人気の高いブローカーがXMです。電話やメール、チャットなど全てのサポートが日本語対応。500円の少額入金から始められる手軽さから敷居が低い。口座開設キャンペーンにつき登録するだけで3000円ボーナスが付与。入金せずにすぐに取引ができます。

評価  
レバレッジ 3000倍
ボーナス あり
サポート 日本語

FBS レバレッジ3000倍に6種類の口座タイプ

それぞれ特徴がある全6種類の口座タイプから選択できます。レバレッジは最大3000倍と海外業者の中でもかなり大きい部類に入ります。ボーナスやコンテストなども豊富です。また、コピートレード専用のアプリやVPS無料提供などサービス範囲が広く、初心者から熟練トレーダーまで幅広く付き合えるブローカー。