MT4/5のシグナル機能を使えば簡単にコピートレードができる

MT4/5にはシグナルという機能が標準搭載されています。

このシグナルを使えば他トレーダーの実行した取引をリアルタイムでコピー、いわゆるコピートレードができるようになります。コピー先のトレーダーはMQL5コミュニティに登録したトレーダーが対象です。

上画像は配信者一覧です。

その多くは海外トレーダーで、各々が取引履歴、口座残高、統計情報を公開しており、詳細を確認した上でコピートレードに参加することができます。

「コピー:30 USD」と表記がありますが、シグナルは有料で配信されおり、相場は20~30USD/月程度です。

今回はシグナルを使ったコピートレードについて始め方から設定の方法まで徹底解説します!!

尚、今回はコピーする側の記事です。

トレードを配信したい方は以下の記事を参考にしてください

コピートレードの事前準備

Meta Trader4もしくは5

 アクティブな取引口座

MQL5.comアカウント

以上の3つはシグナル機能を使うために必要です。

MT4/5を実際に使うにはどこかのFX会社で口座開設をしておく必要があります。尚、デモ口座でもシグナル機能は使えます。「試しに..」という方はデモ口座でも良いですが、必ずMeta Trader4もしくは5対応の業者を選んで口座を開設しておいてください。

シグナル機能はMQL5.comが提供しているサービスです。事前にアカウントを開設しておいてください。

MQL5コミュニティ

シグナル(コピートレード)のルール

① レバレッジの取り扱い

② デモとリアル口座の扱い

③ 1つのアカウントにつき1つのシグナル

④ 注文量は自動的に調整される

⑤ 常に稼働している場合のみ完全同期

⑥ 配信者が建玉を持っている場合は有利な状況でエントリーになる

⑦ コピーをやめるには一時停止か削除

様々なルールがありますが、主なもの7点を挙げました!

①配信者の口座レバレッジは500倍以内でないといけません。例えばXMの888倍やFBSの3,000倍という高いレバレッジを配信に使うことはできません。購読者のレバレッジはいくつでも構いません。

②デモ口座はデモ口座のシグナル、リアル口座はリアル口座のシグナルしかコピーできません。また、FX会社やレバレッジといった条件は違っていてもコピー可能です。

③1つのMT4/5アカウントにつき1つのシグナルしかコピーできません。複数コピーしたい場合は事前にアカウントを複数開設しておきましょう!

④例えば配信者の残高が100万円で購読者が10万円しかない場合、同じ条件で取引するのは無理があります。このような場合、残高やレバレッジを見て自動的に注文量が調整されます。詳しくは後述しています。

⑤シグナルはリアルタイムで相手のトレードをコピーする事です。さらに言えば配信者の多くはアルゴリズム取引のため、購読者は常にメタトレーダーを開いておく状況がベストです。興味がある方はVPSの検討をオススメします。

⑥コピーし始めに配信者がすでにポジションを持っている場合があります。その場合は購読者が有利な条件である時のみコピーする仕組みになっています。例えば配信者がすでに「120円買い」の建玉を持っていた場合、購読者が同期した時に119円であれば買い、121円であればノーポジといった具合です。

⑦コピーをやめるには一時停止と削除の2つがあります。料金の支払いに関わってくるので注意が必要。後述あり

シグナル(コピー先)を探す

Meta Traderを起動して検索

 MQL5.comから検索

上画像のようにMT4/5のターミナル画面から探すこともできますが、最低限の情報しか参照できない上に見づらいのが難点…(´・ω・`)

 

↓↓MQL5.comのシグナルページから探しましょう!↓↓

MQL5.com

左のフィルターから【トレード時間】【料金】【利益率%】等、詳細な条件からシグナルを検索できます。

上の【Broker Sever】にてブローカーのサーバーを指定すれば、ブローカーに応じた最適なシグナルを探し出してくれます。

同じブローカーを使っている人を検索したい場合は【Broker Sever】からではなく、隣の【名前で検索】から検索します。

各シグナルをクリックすれば配信者の成績(資産推移、取引履歴、トレード回数等)を見れます。

様々な見方があると思いますが、【統計】タブから見れるプロフィットファクタ(PF)、リカバリーファクタ(RF)はより重要です。

アルゴリズム取引100%となっているものは、自動売買ロボットを意味します。配信者の多くは自動売買を使っている事は事前に理解しておきましょう。

配信者が主にどのペアで売買を行っているのか?傾向を確認できます。EURAUDはボクらが一般的に利用するブローカーではマイナーペアに分類されるので、スプレッドは大きめになります。ドル円のようなメジャーペアなら低スプレッドで提供されていますよね?

コストを考えれば条件の良い通貨ペアをメイントレードにしたいところです。

そういった時にこのような統計は役に立ちます。

【スリッページ】タブから配信者の約定から購読者の約定に至るまでのスリッページを各ブローカーごとに見ることができます。

当然、値は0であることが望ましいですね!

同期や証拠金などの設定について

コピーするシグナル(トレード)が決まったら実際に導入してみましょう!

尚、リアル口座のシグナルは全て有料、デモ口座のシグナルは全て無料となっています。

一覧から【コピー】→【Meta Traderの中でコピーを始める】、自動的にMT4が起動します。

MQL5.comへのログインが促されるのでログイン。ターミナル画面に詳細が表示されます。

【日付】で分かるようにシグナルの有効期限は1ヶ月です。延長する場合は忘れずに支払いをしておきましょう。

【30.00USDで購読】をクリックするとシグナルの設定画面が開きます。

「シグナルの使用条件に同意する」「リアルタイムのシグナル購読を有効にする」

この2つには必ずチェックを入れます。

S/LとT/Pをコピーする

コピー先のトレーダーと同じ利確、損切を行うかどうかの設定。チェックを入れなければ決済は自分で行うことになります。

確認なしでポジションを同期する

非チェックだと同期のタイミング毎に確認画面が表示されます。相手に完全に委ねるならチェックを入れてください。

最大証拠金使用率

新規ポジションの注文量(ロットサイズ)を決める重要な設定です。これに関しては残高の違いからコピー先と全く同じにはなりません。購読者の口座残高と配信者の残高を照らし合わせた上で注文量が決まります。

配信者の残高を基準にして注文量が決まります。

例えば配信者が100万の口座残高で1Lot注文 → 購読者の残高が100万なら同じ残高なので同様に1Lotの注文を入れます。

購読者の残高が50万なら半分の残高になるので0.5Lotの注文を入れることになります。

この自分の残高を最大証拠金使用率で決めます。

配信者の口座残高を①として

 

②購読者の全残高 × ③最大証拠金使用率 = ④コピートレードで使う購読者の残高

 

④ ÷ ① × 配信者の注文量 = ⑤購読者の注文量

 

ややこしいですが、④をコピー先の残高に合わせれば相手と全く同じトレードになることはわかると思います。

ここでさらに追記すると、配信者のレバレッジ > 購読者のレバレッジの場合は注文量がさらに変化します。

 

⑥レバレッジ割合 = 購読者のレバレッジ ÷ 配信者のレバレッジ

 

この割合が⑤に掛かってきます。

配信者のレバレッジ < 購読者のレバレッジの場合は変化がなく、⑤の注文量そのままです。

このように残高やレバレッジによって注文量が異なってきます。同条件でFXしたい方は、残高やレバレッジは揃えておきましょう。逆にリスクを取りたくない方は最大使用証拠金率を小さめに設定しておくのが良いですね!

証拠金が下回ったらストップ

シグナルを中止する有効証拠金を設定します。

許容差(スリッページ)

配信者の注文価格に対するスリッページを設定。サーバーの都合上どうしても発生してしまうものですが、極端に乖離したら売買が不利になります。なるべく設定しておくのが望ましいですね。

以上の設定が完了したら【OK】

【操作履歴】に「synchronization finished successfully」(同期成功)と表示されています。

有料版シグナルを使いたい場合

事前にMQL5.comに入金しておきましょう!マイページにログイン後、【アカウントへの入金】から手続きが行えます。

クレジットカード以外にもPayPalやアリペイ等、クイック決済も使えます。

MQL5.comではシグナルに限らず、EAやインジケーター、VPSまで有料サービスとして購入することができます。

コピートレードの更新と停止

シグナルの有効期限は1か月です!!

使い続ける場合は更新ページにアクセスして更新してください。

停止する場合は2通りの方法があります。

一時的に停止させる場合は、【ツール】→【オプション】→【シグナル】から【リアルタイムのシグナル購読】のチェックを外します。

再開する場合はチェックを入れてください。

完全に停止させる場合(もう使わない場合)は、ターミナル画面の【シグナル】から【購読停止】を選びます。

注意して欲しいのが【購読停止】を選択後に再開したい場合、再度契約という運びになります。つまり、もう一度シグナルを購入し直さないといけないので注意が必要です。

一時停止なのか配信停止なのか、よく注意して手続きを行ってください。

コピートレードにはVPSを使った方が良い

シグナルトレードの多くはアルゴリズムトレードもしくはアルゴリズムと裁量の併用トレードであることが多いです。

つまり、配信者は24時間常に売買を行っています。

配信者のような収益を挙げたければ購読者も同じような環境を準備する必要がありますね?

 

そんなわけでシグナルトレードにはVPSが必要になってきます!

 

VPSはMeta Traderをインストールできるサーバーの事です。PCを付けっぱなしにしなくても常に相場を監視し続けます。

XMFBSのようにFX会社によっては無料でVPSを貸してくれるところもありますが、条件があります。

XMを例にVPSの導入や設定方法について以下記事で解説しています。興味のある方は参考にしてください!

The following two tabs change content below.
投資歴11年。FX歴7年。負けに負けまくってFXの難しさを悟るლ( ˇωˇლ)現在はシステムトレードがメイン。 好きな投資の名言 (´・ω・`)「ルール その1:絶対に損をしないこと。ルール その2:絶対にルール1を忘れないこと。」
タイトルとURLをコピーしました