FXの約定力を向上させる方法 取引環境見直しでレイテンシー改善へ

110.15円で買ったのに110.17円で約定された!

経済指標時に50pipsも滑った!

これらはスキャルピング取引ではよくある事と同時に致命的な現象です。

5~10pipsの細かい利鞘を狙うスキャルピングにとっては、1pipsのスリッページもかなりの痛手

仮に100回トレードを繰り返し、平均0.5pipsのスリッページが発生したとするとおよそ、50pips分の利益を損した計算になります。

基本的にレバレッジを掛けて取引を行うので、この取引間の平均Lot数が1Lot(10万通貨)、USD/JPY110円であれば550円の損をしている計算になります。

一般的なスキャルピングトレーダーなら年単位で数十万の損失になることも・・

スキャルピングで重視するポイント

・スプレッド

・約定速度

スプレッドはいうまでもありません。しかし、これは業者選びですべてが決まります。できるだけスプレッドの狭い業者を選ぶ!これだけです。

一方の約定速度。これがスリッページの原因です。

これも業者選びである程度決まります。しかしながら、ユーザーの環境を再構築することでスピードを向上させる事も可能です。

今回は約定速度の向上をテーマに最適な取引環境について紹介します。

スキャルピングに必要な約定速度

約定速度はレイテンシーから判断できます。通信の遅延の事をレイテンシーといいますが、この値が小さければ小さいほど約定速度は早くなります。

ちなみに理想的なレイテンシーは

1~10ms

まさか!とは思うかもしれませんが、スリッページを完全に発生させないために必要なスピードが、1~10msといわれています。

しかしながら、個人でこのスピードを出すにはハードルが高すぎます。

これはあくまで理想的な数値なので忘れるとして・・・個人トレーダーなら・・

100ms

この数値を目指します。ちなみに国内業者ならこのぐらいの数値を出すところは割とありますが、海外業者の平均値は300~400msです。

サーバーの所在場所など地理的な障壁が大きなネックになっています。海外業者はよく滑る!と言われてるのはそのせいです。

通信時間はpingコマンドで簡単に調べられます。

例として各国の検索エンジンまでの通信時間を見てみます。

上から順にgoogle、baidu,excite UKです。

googleは日本国内にサーバーがあるため最も早い13ms。続いて中国のbaidu、最後にイギリスexciteの244msになっています。

サーバーの所在地でどれだけレイテンシー(遅延)が発生しているかが見て分かります。

じゃあ、物理的に離れている海外業者はダメなのか?

そんなことはありません。

重要なのは約定速度向上に力を入れている業者を探しだす事です。例えばAXIORYの平均速度は84msです。

スキャルピング取引の条件を満たしています。

AXIORYでは、高性能サーバーの導入だけでなく金融インフラ大手のEQUINIX社と提携し注文を集約化する事でカバー先へのマッチングを最適化しています。

このように海外業者でも100msの壁を超えられるところはあります。

取引環境の再構築

では、ここから約定速度を上昇させるためにユーザー個人でできる対策をご紹介します。内容は結構、アナログです。

無線から有線ケーブルへ

基本中の基本です。Wi-Fiなどの無線は有線と比較してそもそも通信速度が遅い。また、家庭内で使用すれば、それだけ処理が混雑します。

上の画像はwifiルーターにping送信したもの。1msのレイテンシーが発生しています。

無線を使用する機器や人が増えれば増えるほど、通信速度に悪影響を与えるため有線にすることが望ましい。

プロバイダの見直し

地域IP網の利用者数によってはかなり通信速度が低下します。昼夜でインターネットの接続に体感で分かるぐらい差がでるプロバイダは明らかによくありません。

パソコン内のソフトウェア

アンチウイルスソフトなどのソフトを入れていると通信スピードが落ちます。取引しながらオンラインゲームをしている場合は著しく落ちます。

取引をする時はできるだけ、メタトレーダーのみを起動させているのが理想的です。

ウイルス感染していないかチェック

マルウェアなどの悪意のあるソフトウェアが潜在していると通信速度にも影響を与えます。

ネット上に無料でクリーニングできるツールがあるのでチェックしてみてください。

Microsoft Safety Scanner

トレンドマイクロオンラインスキャン

余計なEAを使わない

複数のEAをメタトレーダー内で起動させているとそれだけ遅くなります。インジケータも同様です。必要最小限にシンプルな画面構成にしてください。

サーバーのチャンネル変更

MT4を起動後に右下をクリックするとサーバーのチャンネル一覧が表示されます。

チェックがついているのが現在のチャンネル。赤枠が一番早いチャンネルです。自由に変更できるので早いチャンネルに切り替えましょう。

VPSサーバーに移行

最も効果的なのがVPSサーバーです。高性能サーバーにMT4/5をインストールして使えば飛躍的な速度向上が期待できます。

デメリットは基本有料であることです。有名な業者だと

お名前.com デスクトップクラウド

ABLENET VPS

などがあります。費用は月額2000円前後です。

また、XMFBSなどの海外FX業者では条件を満たせば無料でVPSサーバーが使えます。

XMの無料の条件は「5000ドル以上の口座残高」「1ヶ月に最低5Lot(往復)の取引量」です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

レイテンシー(遅延)発生原因のほとんどはインターネット回線もしくは業者のサーバー(システム)によるものです。

個人でできる対策のポイントは「いかに余計なものを省くか」です。インターネット通信の最適化といってもいいでしょう。

すべて見直すと大変だとは思いますが、本気でスキャルピングしたい方は約定速度は最重要視すべきです。

個人でできる対策ばかりを集めましたが、一番重要なのはやはり業者選びです!

業者選びで約定速度はほぼ決まってしまいます。

スキャルピングに適した業者を見つけ、環境をしっかり整えた上で取引していきましょう。

約定力重視!スキャルピングに最適な業者
評価  
レバレッジ 400倍
スキャルピング
EA
約定速度 84ms

AXIORY 約定速度84msに極狭スプレッド

約定速度は業界でも屈指の早さ。国内MT4計測で84msを記録。ナノスプレッド口座では0.0pip~の低スプレッドに加え、ECN口座最安値の手数料で取引が可能。スキャルピングに特化した業者。

評価  
レバレッジ 500倍
スキャルピング
EA
スタイル スキャルピング向け

TitanFX レバレッジ500倍のスキャルピング

スキャルピングに特化した海外ブローカー。早い約定スピード、狭いスプレッドが特徴。取引制限なしで経済指標発表時やEAを使ったスキャルピングも行う事ができる。ブレード口座のスプレッドは0.0pipsから。レバレッジ変更もないので500倍を維持したままスキャルピング可能。

SNSで友達とシェアしよう