トルコリラのスワップを比較 スイングに最適なFX会社は?

一昔前はオーストラリアドル、ニュージーランドドル、いわゆるオセアニア通貨が高金利通貨として人気を博していました。

スワップ狙いのトレードといえばこれらの通貨が主体でした。

2000年台までは政策金利が5~8%程ありましたので・・

ここ数年は政策金利下げの流れで昔ほどのありがたみはなくなってきましたね。

オセアニア通貨に代わってスワップ狙いとして人気を博しているのがトルコリラ(TRY)です!

政策金利が8%と高い数値を維持しておりスワップポイントの金額が高い値となっています。

金利がTRY>USDのため、スワップによって利益を積み重ねるためには売りから入ります。しかし新興国通貨の値動きは激しいため、差損に泣かされることも・・

握力のあるトレーダーなら「資金力にものを言わせて!」という方もいるかもしれませんが、あまりオススメしません。

目的がスワップポイントとはいえ市場に入るタイミングは重要です。トルコリラ買いのトレンドが発生するまで辛抱強く待てる人は勝てます。

そのタイミングを上手くつかめばスワップ狙いの長期投資+差益によって莫大な利益が狙います。

スワップポイントは2国間の金利差によって決まりますが、実は業者によっても違います。

業者の裁量によっても決まるため、業者選びが重要になってきます。

このページではFXの主要会社を比較。トルコリラのスワップトレードに最も適した業者を探してみました。

※追記

2018年6月から金利が17.75%にまで上昇しており、通貨安が急速に進んでいます。取引には細心の注意を払ってください。

トルコリラを長期間保有した場合のスワップ

保有期間スワップ(1万通貨)スワップ(10万通貨)スワップ(50万通貨)
1日260260013000
2日520520026000
3日780780039000
1週間18201820091000
1ヶ月780078000390000
6ヶ月468004680002340000
1年936009360004680000
3年280800280800014040000

上はXMのスワップポイントを例に計算したものです。TRY/JPY=17.25円として計算。

海外業者では1Lot=10万通貨です。

0.5Lotのポジションを保有していると1日260円、1ヶ月で7800円ですからちょっとした小遣い程度になります。

1Lotのポジションだとちょっとした収入といえるレベルに。

5Lotだと月39万円のスワップ。生活が成り立つぐらいの収益に!

とは言ってもこれはあくまで理論値です。

業者の裁量やレートの変動によってスワップは常に変動します。また、実際にはスワップの損益にプラスして為替レートの差益損が発生しています。

政策金利の変更によるスワップ変動も考えられます。

したがって、一概に上表のように綺麗にはいきませんが、基本的なスタンスとして上表のような安定した収入を目指していくことになります。

スワップ計算方法

スワップ(金額)=スワップポイント×最小価格変動値×取引サイズ×円換算レート

以上の計算式で決まります。

スワップポイントはピップで表示されたり、ポイントで表示されたり業者によって違うので注意が必要です。

(例)USDTRYのスワップを計算

  1. スワップポイント→140ポイント
  2. 最小価格変動値→0.00001
  3. 取引サイズ→10万通貨
  4. 円換算レート→1トルコリラ=17.15円
  5. 1通貨あたり1日のスワップ→140×0.00001=0.0014(TRY)
  6. 取引サイズを考慮→0.0014×100,000=140(TRY)
  7. 円に変換→140×17.15=2,401円
  8. 1日のスワップ(円)→2,401円

となります。

理屈自体は難しくないですが、計算がちょっとややこしいですね・・

計算に使うスワップポイントはMT4起動→気配値→仕様から確認できます。スワップタイプがピップになっている場合、10ポイント=1ピップという事に注意して計算します。

トルコリラのスワップが高い業者

業者USDTRYEURTRYGBPTRYTRYJPY
XM28953339--
AXIORY783986-695
TitanFX281034264217-
TradersTrust19701871--
FXPRO26093420--
Land-FX66210731182-

※スワップ値は為替レートによって変動するため1週間の平均値を円単位で記載しています。取引サイズは10万通貨固定です。

どの業者もUSDTRY、EURTRYには対応していますが、TRYJPY、GBPTRYはごく一部の業者のみの取り扱いです。

上表を見てもらえばわかる通り、全体的にスワップポイントが高いのがXMTitanFXです。

AXIORYLand-FXはその半分以下の値になっています・・

実はスプレッドとスワップは相反した業者が割とあります。

スプレッドは小さいけどスワップは大きい、またはその逆などです。XMとAXIORYは完全にそのパターンに入っています。

XMのスプレッドは決して小さくはありませんが、スワップポイントは他社より高い数値を維持しています。

逆にAXIORYはスプレッドは非常に狭い一方でスワップポイントが小さいため、長期保有には向きません。

業者の得意なペアや特徴を把握すれば後々役に立ちます。

現状、トルコリラを取引するのに最も最適な業者はXMです。

レバレッジが888倍あり、他社と比較してポジションを長く保有できます。当然、追証なしのため新興国通貨にありがちな暴騰・暴落が起きた時の損失を限定できます。

トルコリラ絡みのペアは2種類ですが、どちらも安定して高いスワップを維持しています。