【逆引き】海外FX業者の取引プラットフォーム一覧

海外FX業者の取引プラットフォームは様々です。

ザッと挙げても以下のようなプラットフォームがあります。

・MT4

世界中で最も利用されているプラットフォーム

・MT5

MT4の後継プラットフォーム。時間足の増加、板情報の開示などMT4の機能を向上させているが、内部仕様が異なる。

・cTrader

ブローカーを通さず、市場にダイレクトアクセスができる。板情報機能。

・コピートレード(ソーシャルトレード)

ZuluトレードやMT4/5のシグナル機能を使って実現。業者独自のサービス有。

・Ninja Trader

高機能のチャートソフト。分析ツールに優れているが使い方が難しい。提携している業者のみで利用できる。

・独自プラットフォーム

ブローカーが独自開発したプラットフォーム。MT4ベースになっている事が多く比較的使いやすいが、分析ツールが乏しい。

トレード目的や使いやすさの観点から選ぶべきプラットフォームが異なってきます。

業者によっては複数のプラットフォームを採用していたり、独自プラットフォームのみだったり対応は様々です。

MT4

特徴

使いやすい

インジケーターやEAが豊富

長年使われているため情報が豊富

世界中のトレーダーに選ばれ続けているプラットフォームです。

そのため、インターネット上に情報が溢れており、問題が生じた場合に自己解決できます。また、インジケーターやEAなどのツールも揃っており、有料版だけでなく無料のものも多く存在します。

ほぼすべての海外業者が採用しています。

iOS&Android対応のアプリ版、Windows&Mac対応のデスクトップ版、サイトにログインして使うWEBベース版の3種類があります。

通常はデスクトップ版とアプリ版をインストールしておくことになります。

各業者で提供しているMT4に違いはありません。

業者ごとにMT4のダウンロードページがあり、ロゴが入ってますが、MT4の仕様に違いがなくアクセス先が違うだけです。

ですので、どの業者のMT4を使用しても問題ありません。

心配なら本家Meta Quotes社の公式からMT4をインストールしてください。

複数業者を1つのMT4で一括管理する事はできますが、同時ログインはできません。

A社→B社にアカウントを切り替える場合はA社ログアウト→B社ログインとします

別会社へのアクセス順序は以下の通り

デモ口座申請→サーバー検索→スキャン→ログイン(業者にて提供されたIDとパスワード必要)

※下図例 Titan FXのサーバーを探しています。

MT5

特徴

時間足の追加

板情報の追加

仮想通貨FX対応

MT4の後継プラットフォームです。開発元はMT4と同じMeta Quotes社です。

MT4と比較して時間足の追加(2分足,12分足など)や板情報の表示機能などが追加されています。

ファンダメンタル機能を標準搭載しており、為替に影響を及ぼしそうなニュースを自動配信してくれます。

また、業者によってはビットコインなどの仮想通貨取引をMT5上で提供。

開発環境がMT4と違うため、EAやインジケーターの自作は敷居が高く、MT4と比較して多くは揃っていません。

MT4と同様にアプリ版、デスクトップ版、ウェブトレード版があります。

採用する業者が増えてきましたが、MT4程の普及には至っていません。

MT5採用ブローカー

XM・・Windows版、MAC版、アプリ版。

FBS・・Windows版、MAC版。

cTrader

特徴

インターバンク市場にダイレクトアクセス

Depth of Market(板情報)標準搭載

cAlgoによる自動売買

メタトレーダーと比較してより透明性のある取引を実現できます。

FXプラットフォームの中ではMT4/5の次点に位置するプラットフォームです。

シンプルで直感的に使いやすく約定力を向上させられるといったメリットもあります。

インターバンク市場にダイレクトにアクセスして情報を引っ張ってくるため、板情報は標準機能として搭載されています。

cAlgo(MT4でいうMQL4)によって自動売買プログラムを書くことができ、EA(cTraderではbotという)も探せば見つかります。

MT4/5のように普及しているわけではないため、botやインジケーターの数はそれほど多くありません。標準搭載されているインジケーターは60種類ほどです。

cTrader採用ブローカー

AXIORY・・Windows版、アプリ版、Web版。また、cAlgoによってbotを作成する無料ソフト『AXIORY cAlgo Editor』をダウンロードできます。

コピートレード(ソーシャルトレード)

コピートレードの種類

MT4/5のシグナル機能

業者独自のコピートレード機能

Zuluトレードなどの外部サービス

コピートレードはその名の通り、人のトレードをコピーする事をいいます。業者によってはソーシャルトレード、シグナルトレードなどと紹介されています。

このコピートレード、相手のトレードをコピーするだけでなく、自分のトレードを公開してコピーされる側になることもできます。

コピートレードは下記に示した3通りの方法で実現できます。

①MT4/5のシグナル機能

MQL5.communityに登録しているトレーダーの取引をコピーできる。MT4/5のシグナル機能を使うため、簡単にコピーできる。コピーするのに有料のものが多い。

MT4/5を使ってコピートレードを行う方法

②業者独自のコピートレード

各業者が提供しているコピートレード機能を利用します。コピー先はそのブローカーを利用しているトレーダーになります。コピーして利益を出した場合、利益の数パーセントをマージンとして支払うため、コピー自体は無料でできる。(自分のトレードを公開すればマージンを受け取れる)

FXのコピートレードで稼ぐ方法

③外部サービス

Zuluトレードなどの外部サービスを利用する方法です。ブローカーが提携している必要があり、現状この形態を取っている業者は少ない。

一番手軽に導入できるのは①メタトレーダーのシグナル機能です。上画像のように各トレーダーの成績やコピー者数を閲覧できます。

有料で公開しているトレーダーが多く、無料のトレードは成績が良くないことが多い。

②も①と同様にトレーダーの成績やプロフィットファクタなどから、自分に合ったトレーダーを探せます。

利益が出た場合のみ手数料を支払うためコピー自体は無料。利益の数パーセントをマージンとして支払う場合が多いです。

自分のトレードを公開することもでき、コピー者数が1000人を超える人気トレーダーもいます。

独自コピートレード採用ブローカー

FBS・・コピーはiOS版アプリからのみ。コピーされる側の設定はマイページから簡単にできる。

Ninja Trader

元々は先物に特化したチャートソフトです。FXにて採用している業者はほとんどありません。

チャートソフトと言われるだけあり機能が非常に豊富。

分析ツールはMT4/5に匹敵します。

ワークスペース上を自由にカスタマイズして各機能を配置していくため、細かい所にまで手が届きます。

扱いが難しいのがデメリット。

仮想通貨FXのBitMEXはNinja Traderに対応しています。

BitMEXは独自プラットフォームの業者ですが、Webベースでチャート機能が乏しく、本格的に分析を行いたいユーザーはNinja Traderの導入をオススメ。

Ninja Trader採用ブローカー

BitMEX・・チャートソフトとしてNinja Traderが使える。レートの取り込みにAPIを使うため敷居が高い。公式サイトで導入ガイド有。

独自プラットフォーム

ブローカーが独自開発したプラットフォームです。

MT4が主流のため、操作性やGUIなどを似せて作られることが多いです。

独自プラットフォームの場合、ほとんどがWebベースです。

パソコンやスマホにインストールして使うのではなく、ブローカーのサイトにアクセスして使う事になります。

スマホやタブレットがあればいつでもアクセスして取引できるメリットがある一方で、チャート分析機能が乏しい、業者によっては使いづらいといったデメリットもあります。

MT4やcTraderと違い、業者のシステムごとに最適化されているためサーバー負荷が小さい→約定が安定するといったメリットもあります。

独自プラットフォーム採用ブローカー

iForex・・シンプルで使いやすくサクサク動くのが特徴。操作方法はメタトレーダーよりも簡単。注文画面で銘柄やペアに関する手数料やスワップ情報を確認できる。