BitMEXの基本 使い方やシステムについて

海外FXで仮想通貨の取引がしたいのに業者がない!

そうなんです。意外と仮想通貨のFXに対応している業者は少ない・・大手海外FX業者のXMが現在は取引停止中、FBSやiFOREXは対応しているもののレバレッジが10倍しかない・・

そこで今回は仮想通貨FXに特化した業者BitMEXを紹介します!

ビットコインの最大レバレッジは100倍!アルトコインも50倍!現物取引や販売所はなく完全に仮想通貨FXに特化した業者です。

ポイント仮想通貨FX特化!
仮想通貨FX業者では最大級のレバレッジ
アルトコインFX対応

2014年に事業を開始した新鋭ブローカーですが、最近の仮想通貨需要に相まってトレーダーが急増しています。というより、ハイレバFXができる業者がここぐらいしかないので自然とトレーダーが集まってくる印象です。

このページでは概要から口座開設方法、入出金、取引方法まで完全網羅して紹介しています。

BitMEX概要

会社概要

本社:HDR Global Trading Limited

事業開始日:2014年

資金管理:分別管理

対応プラットフォーム:Webトレーダー

レバレッジ:最大100倍

スプレッド:変動

ロスカット:証拠金維持率50%(追証なし)

通貨ペア数:8種類

取引手数料:あり

最低入金額0.0001XBT

ボーナス制度:なし

日本語対応:○

口座種類・取引形態

口座の種類は1種類。仮想通貨FXの口座のみです。取引形態はビットコインFXと先物になります。

ビットコインFXは無期限契約と表記されており、文字通り満期日のない取引になります。通常のFXと同じですね。対応通貨はビットコインのみ。

一方の先物は、満期日ありの先物になります。満期日に強制的に反対売買されるので期限には注意が必要です。対応通貨は全通貨です。

つまり、アルトコインは先物のみ、ビットコインはFXと先物両方対応となっています。

追記:2018年8月にイーサリアムの無期限契約が追加されました。ビットコインとイーサリアムはFXと先物、他アルトコインは先物のみとなります。

分類すると以下の通り。

CFD 期限 最大レバレッジ 対応通貨
先物 あり 100 BCH,ETH,ADA,XBT,XRP,LTC,TRX,EOS
無期限契約(FX) なし 100 ビットコイン、イーサリアム

レバレッジは仮想通貨の種類によって異なってきます。主要通貨のレバレッジは以下の通りです。

通貨 ビットコイン イーサリアム ダッシュ リップル ライトコイン
レバレッジ 100 50 20 20 33

取引手数料

取引形態に応じて発生する手数料が異なってきます。

先物

メイカー手数料、テイカー手数料、決済手数料の3種類あります。仮想通貨のFXは元を辿れば取引板の注文によって成り立っています。すでに提示されている価格で注文を出せばテイカー手数料、新しい価格を提示して注文を出せばメイカー手数料が発生します。

テイカー手数料は手数料の支払いに対して、メイカー手数料は手数料を報酬として受け取れます。新しい価格提示で流動性を作り出しているための報酬と考えれば良いでしょう。主要通貨のメイカー・テイカー手数料は以下の通りです。

通貨 ビットコイン イーサリアム ダッシュ リップル ライトコイン
テイカー手数料 0.075% 0.25% 0.25% 0.25% 0.25%
メイカー手数料 -0.025% -0.05% -0.05% -0.05% -0.05%

また、決済手数料は満期日に強制決済されたときに発生する手数料。手数料は一律0.25%です。満期日までに決済していれば発生しません。

無期限契約(FX)

メイカー手数料、テイカー手数料は先物と同様です。それに追加で資金調達料金が発生します。発生時間は1日3回で8時間ごとに発生。FXの市場価格を現物の価格に近づける為にこの手数料を利用して調整しております。つまり、状況に応じて手数料がプラスになったりマイナスになったり(掛かったり貰えたり)、手数料率も変動します。

ユーザー間で手数料を払ったり貰ったりしながら現物価格に近づけると思っていただければよいと思います。

なお、手数料の限度額は0.375%と決められています。

セキュリティ体制

2018年1月にコインチェック社で仮想通貨XEMの盗難被害が発生しました。外部ネットワークと繋がったホットウォレットで資金管理をしており、そこをハッカーに狙われてしまいましたね・・・

BitMEXでは全資産コールドウォレットにて管理しています。

外部ネットワークと遮断されたオフライン状態なので、悪意のあるハッカーの攻撃を防ぐことができます。また、マルチサイン形式の出金方式を取っています。秘密鍵をもった複数の管理者による許可がなければトランザクションの処理がされず、第三者による出金は一切許可していません。

流れとしては

トレーダー出金要請→BitMEXの管理者複数人が秘密鍵で処理→出金

となっています。セキュリティ対策においては万全な体制だといえます。

BitMEXを選ぶメリット

  • レバレッジ100倍FX
  • 万全のセキュリティ体制
  • アルトコインFX

この業者は仮想通貨FX特化です。レバレッジ、FXペア数、この2つでBitMEXに匹敵する業者は他にありません。取引高を見れば明らかです。

国内取引所では考えられない注文量が入っています。特にビットコインの取引高は桁違いです!ビットコインのみならずアルトコイン8種の先物にも対応しているのも大きなメリットです。

BitMEX口座開設手順

BitMEXの口座開設はたったの1分で終わります。

メールアドレスのみで簡単に口座開設できます。本人確認の手続きは一切必要なし。

なぜなのか?

BitMEXでの入金可能な通貨はビットコインのみです。p2pを利用した匿名通貨のみを取り扱っているので、本人確認する必要性がありません。ですので、簡単に登録・取引できちゃいます!

まずは公式サイトにアクセス。

公式サイト

名前・メールアドレス・パスワードの入力した後にキャプチャをスライド→メールが届くのクリックして認証。以上で完了です!本当に1分で終わりますw

入出金方法

続いて入出金方法の紹介です。上でも書きましたが、ビットコインのみの入金になります!

BitMEX内での取引は全てビットコイン建てで行われますので、他の仮想通貨入金!なんて事をしないように注意してください。

まだお持ちでない方は国内取引所で口座開設して購入しておきましょう。

参考:間違いない仮想通貨取引所選び

BitMEXにログイン後、「アカウント」→「入金」を選択。以下が入金アドレスです。BitMEX内のお客様専用の財布のようなものでユーザーごとに違います。

ビットコインを預けているウォレットもしくは取引所からこのアドレスに送金する事で入金します。ここで注意して欲しいのが、アドレスは絶対に間違えないように注意してください!

間違えたら最後、二度と戻ってくることはないので念入りに最低2回確認しましょう!

ミスったらGOXしちゃいますよ・・なお、最小入金単位は0.0001XBTです。手数料はなし。

次に出金です。入金と逆の事をやるだけなので簡単ですね。

宛先アドレスにご自分がお持ちのウォレットもしくは取引所の入金用アドレスを入力(入力ミス注意!)金額で出金額を設定。

ビットコインネットワーク料金とはマイナーへの手数料です。マイナーとは送金作業をやってくれる人たちの事で報酬が多いほど早く送金してくれます。自由に設定できますが、BitMEXでは最小0.003XBTを推奨しています。

また、BitMEXの出金作業は1日1回手作業で行われます!セキュリティ向上のために複数人による承認がなければ出金できない仕組みになっているので致し方ありません。13時までに申請を出せばその日のうちに出金手続きをしてくれます。

取引方法

BitMEXは両建て不可なので買いポジションと売りポジションは同時に持てません。

買いポジション保有時に売り注文を入れると買いポジションからの決済になるのでご注意ください。

取引方法はオンライントレードのみです!MT4はありませんし、アプリもないです!残念!

しかしながらスマホにも対応しており、ぶっちゃけとっつきにくいものの慣れれば快適に取引できます。ログイン後、「取引」からトレード画面に移れます。

通貨ペア切り替え

タブをクリックすることで通貨ペアを切り替えます。先物ペアを選べば期限も表示されていますね。

注文画面

ここで注文を出します。成行(ラインナップ)・指値・逆指値で注文が出せます。また、利食い・損切の設定もできます。

ストップ成行・ストップ指値→損切り

利食い(成行)・利食い(指値)→利確

成行で注文を出せばテイカー手数料、指値で注文を出せばメイカー手数料が発生します。

ここで注意して欲しいのがビットコインのみドル建て、他アルトコインはビットコイン建てでの取引になる事です。ですので注文を出す際はビットコインは数量・指値ともにドルで指定。アルトコインは数量はアルトコイン、指値はビットコインレートでの指定になります。

レバレッジ設定

レバレッジを自由に設定できます。×2~に設定すると分離マージンが適用。クロスの状態だとクロスマージンが適用されます。何が違うのか?

証拠金の扱いが異なってきます。クロスマージンは通常のFX同様、全残高が証拠金の対象になります。また、レバレッジも最大値設定の状態です。

:口座残高10XBTの状態で100XBTの注文を入れたとします。必要証拠金は1XBTです。証拠金維持率50%でロスカットなので、口座残高が0.5XBTになるとロスカットです。損失には-9.5XBTまで耐えられますね。

一方の分離マージンはレバレッジを自由に設定でき、かつ最初に注文を入れた証拠金のみがロスカットの対象となります!

:口座残高10XBTの状態でレバレッジ50倍に設定。100XBTの注文を入れたとします。必要証拠金は2XBTです。この2BTCのみがロスカット計算の対象になります!つまり残りの残高、8BTCには被害が及ばないため、リスクを抑えられるわけです!

証拠金維持率50%でロスカットなので、口座残高が1XBTになるとロスカットになります。損失には-1XBTまで耐えられます。

表で見たほうが分かりやすいですね^^;口座残高10XBTで100XBTの注文を入れた場合。

レバレッジ設定 必要証拠金(XBT) ロスカットの計算に含まれる証拠金(XBT) 耐えられる損失(XBT) ロスカット後の口座残高(XBT)
クロスマージン 1 10 -9.5 0.5
分離マージン20倍 5 5 -2.5 7.5
分離マージン50倍 2 2 -1.0 9.0
分離マージン100倍 1 1 -0.5 9.5

つまり分離マージンを大きく設定すればするほど、リスクを抑える事ができる反面、ちょっとした損失でロスカットが発生します。

リスクを抑えたければ分離マージンを設定、ガンガン行きたければクロスマージンで取引。ご自分の取引スタイルに合わせて設定してくださいね!

注文履歴・現在の注文

ここで現在保有中のポジションや過去に決済したポジションを確認できます。また、価格表記が、「参入価格」「マーク価格」「清算価格」の3種類あります。

チャート上で参入価格とマーク価格の両方が表示されています。

参入価格とは現物市場の価格です。海外のBitMEX以外の取引所からデータを参照し表示しています。手数料の項目でも説明しましたが、BitMEXでは現物市場との乖離を無くすために資金調達料金という手数料をとってレートを近づけようとしています。

つまりマーク価格は手数料を考慮したBitMEXの現在レートになります。ロスカットの計算、決済はこの価格を元に行われます。

清算価格はその名の通り、その価格になったらロスカットするという意味ですね!

BitMEXの注文システムははっきり言って複雑です。

より詳細に注文について理解したい方は以下の記事を参考にしてください。

BitMEXの取引は電卓機能を使えば分かりやすくなる

BitMEXの注文方法を分かりやすく整理してみた