XMのMT5は仮想通貨FXに対応 証拠金やペアについて解説

XMでは2017年にビットコインを始めとした仮想通貨の取り扱いを開始。

2017年末から取引を停止していましたが、再び取引ができるようになりました。

一旦、取引を停止していたのは、ビットコインの流動性の高さからリスクのある金融商品とみなされたからです。

トレーダーからしたら面白くないかもしれませんが、値動きが収まってきたところで取引再開のようですね。

いずれにせよXMは仮想通貨FXに対応しています!

仮想通貨の取引をする時にはMT5口座の開設が必須です。

MT4では仮想通貨取引はできないので注意してください!

このページではMT5口座開設から取引方法や証拠金の計算方法などを解説しています。

XMの仮想通貨FX

XMでは、仮想通貨取引を現物CFD商品として提供しております。

実際にビットコインを所有するのではなく、レートの差によって利益・損失が確定します。

要はFXの取引そのものです。

ですのでビットコインウォレットは不要となります。

仮想通貨の種類

ペア最低価格変動スプレッド
(ドル)
最小ロット最大ロット合計ロット買スワップ
(ドル)
売スワップ
(ドル)
ストップレベル
BCH0.00150.113197-25-100.1
BTC0.001600.01316-25-100.1
ETH0.0013.60.523450-25-100.1
LTC0.0010.611301785-25-100.1
XRP0.000010.00380.323357-25-100.001

現在、2019年1月時点のデータは上表の通りとなっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の合計5ペアです。

全てドルストレートペアとなっています。

仮想通貨は基本1Lot=1通貨です。

つまり、ビットコイン1Lotはビットコイン1枚、ライトコイン1Lotはライトコイン1枚を表しています。

リップルのみ例外で1Lot=リップル1000枚となっています。

各ペアによってスプレッド・最大ロット数、最小ロット数、スワップが異なります。

例えばビットコインの最小ロットは0.01、最大ロットは3、最大合計ロットは16です。

ビットコイン価格が4,000ドル、ドル円110円とした場合、日本円換算で最小取引量は4,400円、1回の最大取引量は132万円、トータルの最大取引量は704万円です。

為替に比べると取引量は抑えられている印象ですね。

取引量が物足りない方はサポートに連絡して上げてもらう事も可能です。

スワップは買い・売りいずれもマイナススワップです。

長期保有は向かないので、早めの売買がオススメです。

ストップレベルは指値・逆指値を入れるときに現在価格から最低限離さないといけない値です。

例えばビットコイン価格が4,000ドルなら4,000.1ドル以上もしくは3,999.9ドル以下でなければ指値・逆指値注文は通りません。

また、各通貨の価格によって上記が見直される可能性があります。公式サイトでチェックしておきましょう。

証拠金の計算方法

「ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率」

計算式は上のようになります。

コントラクトサイズは1Lotあたりの枚数です。リップル以外は1、リップルのみ1000となっています。

証拠金率は取引ロットに応じて変化します。

ロット数量証拠金率(%)レバレッジ(倍)
0-3205
3-5303
5-7502
7-1001

上はビットコインの場合です。

保有ロット数が増えるにしたがって証拠金率が上がるので結果的にレバレッジが下げられてしまいます。

これらの情報を元にビットコイン価格4000ドル、ビットコイン2Lot注文時の必要証拠金を計算すると・・

証拠金=ロット数(2)×コントラクトサイズ(1)×オープン価格(4000ドル)×証拠金率(0.2)

計算結果は1,600ドル、円換算で17万円程の資金が必要になることが分かりますね。

MT5口座開設

ビットコインの取引をするにはMT5用の口座を開設する必要があります。

すでにXMでMT4口座を開設している方は追加口座として新規に開設します。

まだXMで口座を開設していない方ははじめに、こちらを参考にリアル口座を開設してください。

すでにXMでMT4口座開設済みの方は

ログイン後、画面右側にある「追加口座を開設する」をクリックしてください

必要情報を入力する画面に切り替わるので、入力していきます。

必ず取引プラットフォームタイプを「MT5」にしてください。

パスワードはMT5にログインする時に必要になるので忘れずに覚えておきましょう。

以上でMT5の口座開設は完了です。

XMからメールが届きます。MT5のIDとサーバー名はログインする時に必要になるので忘れずにメモしておきましょう。

MT5をインストール

口座開設が完了したらMT5をインストールします。

MT5はXM公式からダウンロードできます。

公式サイト

デスクトップ上に以下のアイコンが表示されているので実行してMT5を起動させます。

ログイン画面が表示されるので、さきほどのメールに記載されたIDと設定したパスワードを入力してログインします。

MT5が起動しました。初期画面は上画像のようになっており、ビットコインが表示されていません。

上メニューの「表示」→「銘柄」から選択して追加します。

銘柄を開いて「Cryptocurrencies」を選択してください。

BTCUSDとあるこれがビットコインです。

ダブルクリックして$マークを金色にし「OK」で完了です。気配値一覧にBTCUSDが追加されました!

チャートもしっかり表示されていますね。

以上でビットコイン取引ができるようになりました。

XM以外の仮想通貨FX対応ブローカー

実はXM以外にも仮想通貨のFXができる業者はあります。

BitMEXFBSiForexTraders Trustといった有名どころは仮想通貨に対応しています。

中でもオススメしたいのがBitMEXです!

レバレッジ100倍

取引高世界一

仮想通貨FXのレバレッジは低めに設定するブローカーが多い中、BitMEXは最大100倍のレバレッジで取引する事ができます。

取引が活発であるため他社よりもボラティリティがあり、スキャルピングもしやすいのが特徴です。

公式サイトにてオーダーブックやチャートを確認する事ができます。